大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある招和法律事務所の情報

投稿日:

わたしはかなりまえにじこはさんした35歳のみこん男です。

当HPでは、自己破産をかんがえているかたに、私の体験から得たじょうほうをかいています。

答えからいうと、自己破産はべんごしさんにタダで面談して代わりでもうしたててもらうとスムーズにめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

招和法律事務所

所在地

〒541-0044大阪府大阪市中央区伏見町4丁目2-6-7F-A

TEL:TEL 06-4708-5413

どんな理由でじこはさんを申し立てたのかをお伝えします。

資格のてきすとや講習会のにゅうしゅをカードのリボ払いで決済していました。

毎月の給料よりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

ある時大病をわずらい、医療費が必要になるので、リボばらいの利息をはらいきれなくなりました。

困り果てたわたしは、消費生活センターや地元の弁護士会に電話でそうだんをしました。

そうしたら自己破産でリボ払いの利息をなしにして、しゃっきんがぜろのじょうたいにしたらどうかと提案されました。

そしてわたしのしょざいちから近くにある弁護士事務所に電話して、じかに事務所に出向いて、30分の無料面談をしました。

じむしょには二度あしをはこぶだけでした。

そして通話とゆうびんで事務所や弁護士さんとコミュニケーションをとりあってじこはさんの手続きをすすめました。

自己破産の申立てには着手金と弁護士の代理援助を合わせるとほぼ15万円かかりました。

15万円をはらうちからがなかったので、法テラスの扶助制度を使用して、一時的に建て替えました。

15万円を私の返済する能力におうじて、ひつようとしたひようを月毎に法テラスにこうざふりかえで支払いました。

最終的には、弁護士事務所に相談に足を運んでから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可されました。

自己破産は、わたしの人生の汚点です。

デビットカードはしようできるけれど、クレジットカードが使えないデメリットがあります。

その一方で、じこはさんしたことをほかの人に言わなければ気づかれずに済みます。

わたしがはさんした事をしっている方は、ごくげんていされているというわけです。

リボ払いの利息が無くなったことで、借金の不安がなくなったのです。

現在はクレカの期限がはやく終わるようにと待ちながらおしごとにおります。

ということで、自己破産の申し立てを考えているなら、めんさいにじかんがかかるので、最初から法律じむしょに連絡して無料そうだんを受けててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.