大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある中崎町法律事務所の情報

投稿日:

私はなんねんかまえにじこはさんした三十代既婚おんなです。

当ブログでは、自己破産を考えているひとに、私のじつれいからえた情報を記しています。

結論からいうと、じこはさんは弁護士に0えんでそうだんして代理で申し立ててもらうとスムーズに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

中崎町法律事務所

所在地

〒530-0015大阪府大阪市北区中崎西2丁目1-1

TEL:TEL 06-6316-1101

どういう理由で自己破産を申し立てたのかをかたりします。

じこけいはつのきょうざいやスクールの入手をクレカのリボばらいで清算していました。

毎月の給料よりもリボばらいのりそくの高くなってしまいました。

ある時大病をわずらい、治療費用がひつようになるので、リボばらいのりそくを払いきれなくなりました。

困り果てたわたしは、消費生活センターやその地域の弁護士会にけいたいで相談をしたのです。

そうすると自己破産でリボばらいのりそくをゼロにして、借金がない状態にしたらどうかとていあんされました。

そして自分のじゅうしょからあまりはなれていないほうりつ事務所に電話して、直接じむしょに出掛けて、30分のむりょうそうだんをしたのです。

事務所には2度出向くだけでした。

それから電話と郵送でじむしょや弁護士さんとれんらくをとりあって自己破産の手続きをすすめました。

自己破産のもうしたてには着手金と弁護士のだいりえんじょを合わせておよそ15万円掛かりました。

15万円を支払うのうりょくが無かったので、法テラスの扶助制度を使用して、一時的に建て替えました。

15万円をわたしの支払いするちからに応じて、掛かったお金をつきごとに法テラスに口座振替で支払いました。

結局は、ほうりつじむしょにそうだんに行ってから10ヶ月後に、じこはさんの免責が許可をうけたのです。

自己破産は、私の人生のおてんです。

デビットカードはつかえるけれど、クレカが使えないデメリットがあるわけです。

そのいっぽうで、じこはさんしたことをたにんにいわなければしられずに済むのです。

私がじこはさんしたことをしっている方は、ごく限られています。

リボ払いのりそくが無くなったことで、借金の心配がなくなりました。

ちかごろはクレカの期間が早く終わるようにと待ちながらしごとにいるわけです。

ということから、自己破産のもうしたてをかんがえているなら、めんさいに時間がかかるので、急いで弁護士事務所にれんらくしてむりょうそうだんを受けて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.