大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にあるキャスト(弁護士法人)大阪事務所の情報

投稿日:

私は4ねんまえに自己破産した40代みこん男性です。

このHPでは、自己破産を考えている方に、私のたいけんからわかったお話をつたえています。

答えからいうと、じこはさんは弁護士にむりょうめんだんしてだいりで申し立ててもらうと問題なく免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

キャスト(弁護士法人)大阪事務所

所在地

〒530-0005大阪府大阪市北区中之島2丁目2-2

TEL:TEL 06-4706-0780

なんでじこはさんをもうしたてたのかをかたりします。

自己啓発のてきすとや講習会のこうにゅうをカードのリボ払いで清算していました。

毎月のしゅうにゅうがくよりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

ある時大病をわずらい、治療費がかかるので、リボばらいの利息をしはらいきれなくなりました。

こまりはてたわたしは、消費生活センターやそのちいきの弁護士会にでんわではなしをしました。

そうしたら自己破産でリボばらいの利息をゼロにして、しゃっきんがないじょうたいにしたらどうかと提案されました。

それから自分の住所からちかいべんごし事務所にでんわして、直にじむしょに出向いて、30分の無料相談をしました。

じむしょには二度足を運ぶだけでした。

それから通話とゆうそうで事務所や弁護士さんと連絡をとりあって自己破産の手続を進めました。

じこはさんのもうしたてにはちゃくしゅきんとべんごしのだいりえんじょを合わせておよそ15万円使いました。

15万円をしはらう能力が無かったので、法テラスの扶助制度を使って、一時的にたてかえました。

15万円を私の支払するのうりょくにしたがって、ひつようとしたお金を月に1回法テラスに口座引き落としで支払いました。

最終的には、弁護士事務所に相談にいってから10ヶ月後に、じこはさんのめんさいがきょかをうけたのです。

じこはさんは、私のしょうがいのおてんです。

デビットカードは使えるけれど、クレカが使えないデメリットがあるわけです。

しかし、破産したことをしゅういにいわなければ知られずに済むのです。

私が自己破産してしまったじじつを知っているひとは、ごく限られています。

リボばらいの利息がなくなったことで、しゃっきんの心配がなくなったのです。

いまははカードの期間があっというまにおわるようにと待ちながらお仕事にいるのです。

とにかく、自己破産の申し立てを考えているなら、めんさいにじかんが要するので、直ぐに法律事務所にでんわして無料面談をしてもらって手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.