大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にあるなんもり法律事務所の情報

投稿日:

私は3年前にじこはさんした37歳の既婚じょせいです。

このサイトでは、自己破産を考えている人に、私の経験から得たないようを綴っています。

答えからいうと、じこはさんはべんごしに0円で相談して代理でもうしたててもらうとスムーズにめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

なんもり法律事務所

所在地

〒530-0041大阪府大阪市北区天神橋2丁目5-28

TEL:TEL 06-6882-2501

なぜ自己破産をもうしたてたのかを話しします。

ビジネスのきょうざいやスクールの購入をクレカのリボ払いで清算していました。

1かげつの収入よりもリボ払いの利息のこうがくになってしまいました。

ある時大病をわずらい、医療費がひつようになるので、リボ払いの利息をしはらいきれなくなりました。

こまりはてた私は、消費生活センターや地元の弁護士会にでんわで話をしてみたのです。

そうするとじこはさんでリボ払いの利息を無しにして、しゃっきんが無いじょうたいにしたらどうかと提案されました。

そして自分のしょざいちからあまり離れていないほうりつ事務所にでんわして、直接じむしょに出向いて、30分のむりょうそうだんをしたんです。

事務所には2回行くだけでした。

そしてつうわと郵送で事務所や弁護士とコミュニケーションをとりあってじこはさんの手続をすすめました。

自己破産の申立にはちゃくしゅきんとべんごしさんのだいりえんじょを合計してやく15万円つかいました。

15万円を支払う力が無かったので、法テラスの扶助制度をしようして、少しの間だけたてかえました。

15万円を私のしはらいする能力にしたがって、掛かったお金をつきごとに法テラスに口座引落ではらいました。

さいしゅうてきには、弁護士事務所にそうだんに足を運んでから10ヶ月後に、じこはさんのめんさいが許可をしてもらいました。

自己破産は、私のいっしょうの汚点です。

デビットカードは使えるけれど、カードが使えないけってんがあります。

そのいっぽうで、破産したことをほかのひとにいわなければ気づかれずに済むのです。

私がじこはさんした事をしっている方は、ごくかぎられているというわけです。

リボばらいの利息がなくなったことで、借金のしんぱいが無くなりました。

現在はクレカのきげんが早く終わるようにと待ちながらおしごとにいます。

ということから、自己破産の申し立てを考えているなら、めんさいに時間がひつようなので、急いで弁護士事務所に連絡して無料相談を受けて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.