大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にあるエイト法律事務所の情報

投稿日:

私はかなり前に自己破産した45歳のみこん女性です。

当ホームページでは、自己破産をけんとうしているかたに、私の事例から得たお話をおつたえしています。

結論からいうと、自己破産は弁護士に0円で相談してかわりで申し立ててもらうとスムーズに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

エイト法律事務所

所在地

〒530-0012大阪府大阪市北区芝田2丁目5-6-505

TEL:TEL 06-6292-5411

なぜじこはさんをもうしたてたのかをおつたえします。

ビジネスのきょうざいやじゅくの購入をクレカのリボばらいでせいさんしていました。

月のしゅうにゅうよりもリボ払いの利息のこうがくになってしまいました。

ある時大病をわずらい、治療費がかかるので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

こまりはてた私は、消費生活センターや地元の弁護士会にでんわでお話をおこないました。

するとじこはさんでリボ払いの利息を無しにして、借金がないじょうたいにしたらどうかとアドバイスされました。

そのご自分のじゅうしょから近距離のほうりつ事務所に電話して、直で事務所に出掛けて、30分の無料相談をしたのです。

じむしょには2かい行くだけでした。

そして電話と郵送で事務所やべんごしとコミュニケーションをとりあってじこはさんの手続をすすめました。

じこはさんの申し立てには着手金とべんごしの代理援助をごうけいしてだいたい15万円使いました。

15万円を支払う能力がありませんでしたので、法テラスの扶助制度を使って、そのときだけ建て替えました。

15万円を私の支払する力にあわせて、かかったおかねを毎月法テラスにこうざひきおとしで支払いました。

けっきょくは、べんごしじむしょに話に行ってから10ヶ月後に、じこはさんの免責が許可をうけました。

自己破産は、私のしょうがいの汚点です。

デビットカードはしようできるけれど、クレカがしようできないデメリットがあります。

その一方で、じこはさんしたことをたにんに言わなければしられずに済みます。

わたしが自己破産しちゃったじじつを知っているひとは、ごく限られているわけです。

リボ払いの利息がなくなったことで、借金のふあんがなくなりました。

このごろはクレカのきかんがあっというまに終わるようにと待ちながら仕事にいるわけです。

ということから、自己破産の申し立てを検討しているなら、めんさいに時間が要するので、はじめから法律事務所に連絡して無料めんだんを受けててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.