大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にあるリード総合法律会計事務所の情報

投稿日:

わたしは11か月前に自己破産した四十代既婚男です。

このページでは、自己破産を考えているひとに、わたしの体験から得た内容をお伝えしています。

結論からいうと、自己破産はべんごしさんに無料相談して代理でもうしたててもらうともんだいなく免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

リード総合法律会計事務所

所在地

〒542-0081大阪府大阪市中央区南船場4丁目4-10

TEL:TEL 06-6282-0007

どんな理由で自己破産をもうしたてたのかをかたりします。

スキルアップの教材やセミナーのこうにゅうをクレカのリボ払いでけっさいしていました。

つきのきゅうりょうよりもリボ払いの利息のたかくなってしまいました。

ある時たいびょうをわずらい、ちりょうひようがひつようになるので、リボばらいの利息をしはらいきれなくなりました。

途方に暮れた私は、消費生活センターやそのちいきの弁護士会に携帯で相談をしたのです。

そうすると自己破産でリボ払いの利息をゼロにして、しゃっきんがぜろの状態にしたらどうかと提案されました。

それから私の居住地からあまりはなれていないべんごし事務所につうわして、ちょくせつじむしょに出かけて、30分の無料面談をおこないました。

事務所には2度いくだけでした。

そうして電話とゆうびんでじむしょやべんごしと連絡をとりあって自己破産のてつづきを進めました。

自己破産のもうしたてにはちゃくしゅきんと弁護士の代理援助をあわせておよそ15万円かかりました。

15万円をしはらうちからが無かったので、法テラスの扶助制度を活用して、その時だけ建て替えました。

15万円を私のへんさいするのうりょくにあうようにして、かかったお金を月に1度法テラスに口座振替でしはらいました。

結果的には、弁護士事務所に話にいってから10ヶ月後に、じこはさんの免責が許可をうけたのです。

自己破産は、私のしょうがいのおてんです。

デビットカードは使えるけれど、クレジットカードがしようできない欠点があるというわけです。

その一方で、じこはさんしたことをまわりに言わなければ知られずに済みます。

私が自己破産したことを知っている人は、ごく限られているわけです。

リボ払いの利息が無くなったことで、しゃっきんのくるしみが消えました。

さいきんはカードの期間があっというまに終わるようにとまちながら仕事にいるのです。

よって、自己破産の申し立てを考えているなら、免責に時間がようするので、直ちに弁護士事務所に連絡してむりょう相談を受けててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.