大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある藤木新生法律事務所の情報

投稿日:

私は3年前にじこはさんした49歳の既婚女性です。

当記事では、自己破産を考えているひとに、私の体験から得たないようをつたえています。

けつろんからいうと、自己破産は弁護士にタダで相談して代わりで申し立ててもらうと問題なくめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

藤木新生法律事務所

所在地

〒541-0053大阪府大阪市中央区本町1丁目7-7

TEL:TEL 06-6263-7288

どうしてじこはさんをもうしたてたのかをかたりします。

ビジネスの教材やセミナーのこうにゅうをクレジットカードのリボばらいでしはらいしていました。

つきのきゅうりょうよりもリボばらいの利息のたかくなってしまいました。

ある時大病をわずらい、治療費が払うことになるので、リボ払いのりそくを払いきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターや地元の弁護士会に携帯で相談をしたわけです。

そうすると自己破産でリボばらいの利息をゼロにして、借金がぜろの状態にしたらどうかとていあんされました。

そしてわたしの住所からあまり離れていないべんごしじむしょに電話して、直でじむしょにいき、30分のむりょうめんだんをしたんです。

じむしょには2回足を運ぶだけでした。

そして電話と郵送で事務所や弁護士と連絡をとりあってじこはさんの手続きをすすめました。

自己破産の申し立てには着手金とべんごしの代理援助をごうけいしてだいたい15万円かかりました。

15万円を支払う能力がなかったので、法テラスの扶助制度をつかって、いちじてきにたてかえました。

15万円を私のしはらいする力におうじて、かかったきんがくを月毎に法テラスに口座引落で支払いました。

けっかてきには、法律じむしょに面談にあしをはこんでから十か月後に、じこはさんの免責がきょかをしてもらいました。

じこはさんは、わたしのじんせいのおてんです。

デビットカードはしようできるけれど、クレカが利用できない欠点があるわけです。

そのいっぽうで、はさんしたことをほかのひとにいわなければ知られずにすむのです。

私が自己破産してしまった事実を知っているかたは、ごく限定されているというわけです。

リボ払いの利息がなくなったことで、借金のなやみがありません。

近頃はカードのきげんがあっというまにおわるようにとまちながらしごとにいるわけです。

よって、じこはさんの申し立てを考えているなら、免責に時間が必要となるので、いそいで法律じむしょに電話してむりょうの面談をうけて手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.