大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある草尾法律事務所の情報

投稿日:

わたしは過去に自己破産した五十代独身じょせいです。

このページでは、自己破産をけんとうしている人に、私のじつれいから得たおはなしをお伝えしています。

こたえからいうと、じこはさんは弁護士にタダでそうだんして代理で申し立ててもらうと円滑にめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

草尾法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目6-8-403

TEL:TEL 06-6367-2388

なぜ自己破産を申し立てたのかをお話します。

スキルアップのてきすとやスクールの購入をクレジットカードのリボばらいでけっさいしていました。

まいつきのしゅうにゅうがくよりもリボ払いの利息のたかくなってしまいました。

あるひ大病をわずらい、治療費用が払うことになるので、リボ払いのりそくをしはらいきれなくなりました。

途方に暮れた私は、消費生活センターやじもとの弁護士会に電話で相談をしたのです。

そうすると自己破産でリボ払いの利息をナシにして、しゃっきんが無いじょうたいにしたらどうかとていあんされました。

そうして自分の所在地から近くにあるほうりつ事務所にでんわして、ちょくで事務所に出かけて、30分の無料相談をしたのです。

事務所には二度出向くだけでした。

それから通話とゆうそうで事務所や弁護士とれんらくをとりあって自己破産のてつづきをすすめました。

じこはさんのもうしたてには着手金と弁護士のだいりえんじょを合わせて大体15万円かかりました。

15万円をしはらう能力がなかったので、法テラスの扶助制度をうまくつかって、一時的にたてかえました。

15万円を私の支払いする能力にあわせて、必要としたひようをつきごとに法テラスに口座振替で支払いました。

結局は、べんごし事務所に話にいってから十か月後に、自己破産の免責がきょかをしてもらいました。

じこはさんは、私の人生の汚点です。

デビットカードは使用できるけれど、クレカがしようできないデメリットがあります。

ですが、自己破産したことを他人にいわなければしられずに済むのです。

私がはさんしてしまったじじつを知っている方は、ごくかぎられているというわけです。

リボ払いの利息がなくなったことで、へんさいのふあんが消えました。

いまははクレカの期限があっというまに終わるようにと待ちながら仕事にいるのです。

ということで、自己破産のもうしたてを考えているなら、免責にじかんがかかるので、さいしょからべんごしじむしょに連絡してむりょう相談を受けててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.