大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にあるアーク法律事務所の情報

投稿日:

私は過去に自己破産した50歳の独身男性です。

このブログでは、自己破産を検討しているひとに、私の事例から得た情報を書いています。

答えからいうと、自己破産は弁護士さんに無料相談してかわりでもうしたててもらうと円滑に免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

アーク法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目2-3-B04

TEL:TEL 06-6131-0240

どういうりゆうでじこはさんを申し立てたのかをお話します。

ビジネスのてきすとやセミナーの購入をクレカのリボばらいで支払いしていました。

つきのしゅうにゅうよりもリボばらいの利息の高くなってしまいました。

ある日大病をわずらい、しゅじゅつひが必要になるので、リボ払いのりそくを支払いきれなくなりました。

途方に暮れた私は、消費生活センターや地元の弁護士会にけいたいで相談を行ないました。

すると自己破産でリボ払いの利息を無しにして、借金がないじょうたいにしたらどうかと提案されました。

そしてわたしのじゅうしょから近くにある法律事務所につうわして、直接事務所に行き、30分の無料相談を行ないました。

事務所には2回いくだけでした。

そして電話と郵送で事務所やべんごしさんとコミュニケーションをとりあって自己破産の手続きをすすめました。

じこはさんの申し立てにはちゃくしゅきんと弁護士のだいりえんじょをまとめるとほぼ15万円かかりました。

15万円をしはらうちからが無かったので、法テラスの扶助制度を使用して、その時だけたてかえました。

15万円をわたしの支払いする力におうじて、掛かったきんがくをまいつき法テラスにこうざふりかえで支払いました。

最終的には、法律事務所に相談にいってから10ヶ月後に、じこはさんの免責がきょかをうけたのです。

じこはさんは、私のじんせいの汚点です。

デビットカードはしようできるけれど、クレジットカードが使えない欠点があります。

しかし、はさんした事実をほかの人に言わなければ気づかれずに済みます。

私が自己破産したじじつをしる人は、ごく限られています。

リボばらいの利息が無くなったことで、返済のしんぱいがきえました。

現在はクレカのきかんが早く終わるようにとまちながら仕事にいるのです。

よって、じこはさんの申し立てを考えているなら、免責に時間がようするので、直ちにべんごし事務所に連絡して無料のめんだんを受けて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.