大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある梅田シティ法律事務所の情報

投稿日:

わたしはすうねんまえに自己破産した三十代独身男性です。

このホームページでは、自己破産を考えているひとに、私の実例からえたお話をお伝えしています。

結論からいうと、じこはさんはべんごしにただで相談してかわりで申し立ててもらうと円滑に免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

梅田シティ法律事務所

所在地

〒530-0001大阪府大阪市北区梅田1丁目1-3-22F-6-2

TEL:TEL 06-6131-8110

どんなりゆうでじこはさんをもうしたてたのかをお話します。

スキルアップのしょうざいや講習会のにゅうしゅをクレジットカードのリボ払いで清算していました。

つきのしゅうにゅうよりもリボばらいのりそくのこうがくになってしまいました。

ある時たいびょうをわずらい、ちりょうひようがひつようなので、リボばらいの利息をはらいきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやその地域の弁護士会にけいたいでそうだんを行ないました。

するとじこはさんでリボばらいの利息をゼロにして、借金がゼロの状態にしたらどうかと提案されました。

その後わたしのしょざいちから近距離のほうりつじむしょにつうわして、直接じむしょにでかけて、30分のむりょうめんだんを行ないました。

事務所には2回でむくだけでした。

それから電話と郵送でじむしょや弁護士と連絡をとりあって自己破産の手続きを進めました。

じこはさんの申立には着手金と弁護士の代理援助をあわせると約15万円使いました。

15万円をしはらう能力がありませんでしたので、法テラスの扶助制度をうまくつかって、一時的にたてかえました。

15万円を私の返済する能力に応じて、掛かった金額を月毎に法テラスに口座引落でしはらいました。

ついには、べんごしじむしょにそうだんに行ってから十か月後に、じこはさんの免責が許可をうけました。

自己破産は、私のいっしょうのおてんです。

デビットカードは使用できるけれど、クレカが利用できない欠点があります。

けれども、じこはさんしたことを他の人にいわなければきづかれずにすみます。

私が破産したじじつを知っている方は、ごく限られています。

リボ払いの利息がゼロになったことで、借金のしんぱいがない状態です。

最近はクレカのきかんがあっという間に終わるようにと待ちながら仕事にいるわけです。

ですから、じこはさんのもうしたてを考えているなら、免責に時間がひつようとなるので、ただちにほうりつ事務所に電話してむりょう相談をしてもらって手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.