大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある平野武法律事務所の情報

投稿日:

わたしは前に自己破産した44歳の独身男です。

当ホームページでは、じこはさんを考えているかたに、私の事例から得た情報をつたえています。

答えからいうと、自己破産は弁護士にただで面談して代理でもうしたててもらうとスムーズにめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

平野武法律事務所

所在地

〒530-0041大阪府大阪市北区天神橋2丁目5-25-305

TEL:TEL 06-6809-3642

どういう訳でじこはさんをもうしたてたのかをはなしします。

ビジネスのてきすとやセミナーの入手をクレカのリボ払いでしはらいしていました。

1か月の収入額よりもリボ払いの利息の高額になってしまいました。

ある時大病をわずらい、治療費用がかかるので、リボばらいのりそくを払いきれなくなりました。

途方に暮れた私は、消費生活センターやじもとの弁護士会に電話で話をしました。

そうするとじこはさんでリボばらいの利息をゼロにして、借金が無い状態にしたらどうかとていあんされました。

そしてうちのきょじゅうちからあまり離れていない法律じむしょにつうわして、ちょくせつじむしょに出掛けて、30分の無料面談をしました。

事務所には2ど足を運ぶだけでした。

そしてつうわとゆうびんで事務所や弁護士とれんらくをとりあって自己破産の手続きをすすめました。

自己破産の申し立てには着手金とべんごしのだいりえんじょをあわせるとほぼ15万円ひつようでした。

15万円を払う力がなかったので、法テラスの扶助制度を使って、すこしのあいだだけ建て替えました。

15万円を私のしはらいする力に合うようにして、掛かった費用をまいつき法テラスに口座振替で支払いました。

最終的には、ほうりつ事務所にはなしに行ってから10ヶ月後に、自己破産のめんさいがきょかをしてもらいました。

じこはさんは、わたしの人生の汚点です。

デビットカードはりようできるけれど、クレカが使えないけってんがあります。

その一方で、自己破産したことをだれにも言わなければ知られずに済むのです。

わたしがじこはさんした事実をしる方は、ごく限定されているわけです。

リボ払いの利息が無くなったことで、返済のなやみがありません。

げんざいはクレカの期間があっという間に終わるようにと待ちながらおしごとにいます。

とにかく、自己破産のもうしたてをけんとうしているなら、免責に時間が必要となるので、急いでべんごしじむしょにでんわして無料の相談をやってもらって手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.