大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある久保・深井・平野法律事務所の情報

投稿日:

私は10か月前にじこはさんした40代独身女です。

このページでは、じこはさんを考えているひとに、私のけいけんからわかったないようを書いています。

けつろんからいうと、自己破産はべんごしさんにただで相談して代理で申し立ててもらうとスムーズにめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

久保・深井・平野法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目2-3-A04

TEL:TEL 06-6809-3966

どうして自己破産を申し立てたのかをはなしします。

びじねすのてきすとや講習会の購入をクレカのリボ払いで支払いしていました。

まいつきの収入よりもリボ払いの利息のこうがくになってしまいました。

あるひたいびょうをわずらい、治療費がかかるので、リボ払いの利息をしはらいきれなくなりました。

こまりはてた私は、消費生活センターやじもとの弁護士会にけいたいで相談をおこないました。

そうすると自己破産でリボ払いのりそくをなしにして、借金がない状態にしたらどうかと提案されました。

それから私のきょじゅうちから近い法律事務所にでんわして、直接事務所に出掛けて、30分の無料面談をしました。

じむしょには2回足を運ぶだけでした。

そうして電話と郵便で事務所や弁護士さんと連絡をとりあってじこはさんのてつづきを進めました。

じこはさんの申し立てにはちゃくしゅきんと弁護士の代理援助を合わせるとおよそ15万円ひつようでした。

15万円を払う力がなかったので、法テラスの扶助制度を利用して、少しの間だけ建て替えました。

15万円をわたしの支払する能力に応じて、かかったお金を月毎に法テラスに口座振替ではらいました。

最終的には、弁護士事務所にめんだんに足を運んでから10ヶ月後に、じこはさんの免責が許可を受けたのです。

じこはさんは、私のじんせいの汚点です。

デビットカードは使えるけれど、クレジットカードが使えないけってんがあります。

ですが、破産した事実を周囲にいわなければ気づかれずに済みます。

わたしが破産したじじつをしっているかたは、ごくかぎられているわけです。

リボ払いのりそくがゼロになったことで、返済のくるしみがなくなりました。

最近はクレカのきげんがあっというまに終わるようにとまちながらしごとにいるのです。

という訳で、自己破産の申し立てをけんとうしているなら、めんさいに時間がようするので、急いでほうりつじむしょに連絡して無料面談を受けて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.