大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にあるグラス・オランジュ法律事務所(弁護士法人)の情報

投稿日:

私は3ねんまえに自己破産した51歳の未婚男性です。

このページでは、自己破産を考えている方に、わたしの体験から得たないようを綴っています。

結論からいうと、自己破産は弁護士に0えんでそうだんして代理で申し立ててもらうと円滑に免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

グラス・オランジュ法律事務所(弁護士法人)

所在地

〒530-0003大阪府大阪市北区堂島2丁目1-31

TEL:TEL 06-6457-7654

どういうわけで自己破産をもうしたてたのかをおつたえします。

資格の教材や塾の購入をクレカのリボ払いでけっさいしていました。

月の収入よりもリボ払いのりそくの高額になってしまいました。

ある時たいびょうをわずらい、治療費がかかるので、リボ払いのりそくをしはらいきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやそのエリアの弁護士会に電話でおはなしを行ないました。

そうすると自己破産でリボ払いのりそくを無しにして、借金がゼロの状態にしたらどうかとていあんされました。

そして自分のじゅうしょからちかいべんごし事務所につうわして、じかに事務所に行って、30分のむりょうそうだんをおこないました。

じむしょには2かいいくだけでした。

それから電話と郵送で事務所やべんごしさんと連絡をとりあって自己破産のてつづきを進めました。

自己破産の申し立てには着手金とべんごしさんの代理援助をあわせるとほぼ15万円掛かりました。

15万円をはらう力が無かったので、法テラスの扶助制度を使用して、一時的に建て替えました。

15万円をわたしのへんさいする力に応じて、かかったおかねをまいつき法テラスに口座引落でしはらいました。

ついには、べんごしじむしょに相談にいってから10ヶ月後に、じこはさんの免責がきょかをうけました。

自己破産は、私の人生の汚点です。

デビットカードは使用できるけれど、カードがつかえないけってんがあるのです。

ですが、破産した事をしゅういにいわなければしられずに済むのです。

わたしがじこはさんしちゃったことをしっている方は、ごく限られているというわけです。

リボ払いのりそくがなくなったことで、借金のしんぱいがなくなったのです。

ちかごろはカードのきげんがあっという間に終わるようにとまちながらおしごとにいます。

よって、じこはさんの申立てをかんがえているなら、免責に時間が必要となるので、はじめから弁護士事務所に電話して無料相談をやってもらって手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.