大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある弥生法律事務所の情報

投稿日:

私は前に自己破産した40代独身男性です。

このサイトでは、じこはさんを考えている人に、わたしのけいけんからえたないようをおつたえしています。

結論からいうと、じこはさんは弁護士にむりょうめんだんしてだいりで申し立ててもらうとスムーズに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

弥生法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満6丁目7-4-607

TEL:TEL 06-6316-5170

なぜ自己破産を申し立てたのかをかたりします。

しかくのしょうざいやセミナーの入手をクレジットカードのリボばらいでせいさんしていました。

ひと月のしゅうにゅうがくよりもリボ払いのりそくの高くなってしまいました。

あるとき大病をわずらい、治療費が必要なので、リボ払いの利息をはらいきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターやじもとの弁護士会に電話ではなしをしてみました。

そうすると自己破産でリボ払いの利息をゼロにして、しゃっきんがないじょうたいにしたらどうかとアドバイスされました。

それからわたしの居住地からあまり離れていないほうりつ事務所に電話して、直接事務所にでかけて、30分のむりょう相談をしたのです。

じむしょには2どあしをはこぶだけでした。

そして通話とゆうびんでじむしょやべんごしとコミュニケーションをとりあってじこはさんの手続きをすすめました。

自己破産の申し立てにはちゃくしゅきんとべんごしのだいりえんじょを合わせると大体15万円費やしました。

15万円を払うちからがありませんでしたので、法テラスの扶助制度を使用して、少しの間だけ建て替えました。

15万円を私のしはらいする能力にあわせて、かかったお金を毎月1度法テラスに口座引落で払いました。

遂には、弁護士事務所に相談に行ってから10ヶ月後に、じこはさんの免責が許可をうけたのです。

じこはさんは、私の人生の汚点です。

デビットカードはしようできるけれど、カードがつかえないデメリットがあります。

そのいっぽうで、自己破産したじじつを周りにいわなければ知られずに済むのです。

わたしが自己破産した事をしる方は、ごく限定されているのです。

リボばらいの利息がなくなったことで、しゃっきんのなやみがきえました。

いまははクレカの期間があっという間におわるようにと待ちながら仕事におります。

ということから、じこはさんの申し立てを考えているなら、免責に時間が必要となるので、直ぐに弁護士事務所に連絡して無料のそうだんを受けて手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.