大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある和田誠一郎法律事務所の情報

投稿日:

私は数年前にじこはさんした40代独身じょせいです。

このサイトでは、自己破産を考えている方に、わたしの体験から得たじょうほうをおつたえしています。

けつろんからいうと、自己破産は弁護士に無料そうだんして代わりでもうしたててもらうとスムーズに免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

和田誠一郎法律事務所

所在地

〒530-0001大阪府大阪市北区梅田3丁目4-5

TEL:TEL 06-6341-0862

どういうりゆうでじこはさんを申し立てたのかをお話します。

びじねすのしょうざいやじゅくの入手をクレジットカードのリボ払いでけっさいしていました。

毎月の収入よりもリボ払いの利息のたかくなってしまいました。

あるときたいびょうをわずらい、ちりょうひようが必要になるので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

途方に暮れたわたしは、消費生活センターやそのちいきの弁護士会にでんわではなしを行ないました。

そうすると自己破産でリボ払いの利息をナシにして、借金が無いじょうたいにしたらどうかと提案されました。

そうして私のしょざいちから近いべんごし事務所につうわして、直で事務所に行って、30分の無料面談をおこないました。

じむしょには2どでむくだけでした。

それから電話と郵送で事務所や弁護士さんと連絡をとりあって自己破産の手続きをすすめました。

自己破産の申し立てには着手金と弁護士さんのだいりえんじょを合計してほぼ15万円つかいました。

15万円をはらう力がなかったので、法テラスの扶助制度をりようすることで、そのときだけたてかえました。

15万円を私の支払いする能力にしたがって、必要としたお金を月毎に法テラスに口座振替ではらいました。

結果的には、ほうりつ事務所に話に行ってから十か月後に、自己破産の免責が許可を受けたのです。

じこはさんは、わたしの生涯の汚点です。

デビットカードは使えるけれど、クレカが使えないデメリットがあります。

だけども、自己破産したことを周囲に言わなければ知られずにすむのです。

私がじこはさんしてしまったことをしるひとは、ごくかぎられているわけです。

リボ払いの利息が無くなったことで、しゃっきんの不安がきえました。

最近はカードのきげんがあっというまにおわるようにとまちながら仕事にいます。

ということから、自己破産の申立てを考えているなら、めんさいにじかんが必要なので、直ぐにほうりつ事務所に連絡してむりょうそうだんをやってもらって手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.