大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にあるラポール綜合法律事務所の情報

投稿日:

私は2ねんまえに自己破産した48歳のシングルのじょせいです。

このブログでは、自己破産をけんとうしている方に、わたしのたいけんからわかったないようを伝えています。

けつろんからいうと、じこはさんはべんごしに無料相談してだいりで申し立ててもらうとスムーズに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

ラポール綜合法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満1丁目2-5

TEL:TEL 06-4792-7815

なぜじこはさんをもうしたてたのかをお話します。

スキルアップのテキストや講習会の購入をクレカのリボばらいでせいさんしていました。

1かげつのしゅうにゅうよりもリボ払いの利息のこうがくになってしまいました。

あるひ大病をわずらい、治療費用がかかるので、リボ払いの利息をしはらいきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやじもとの弁護士会に電話でそうだんをしたのです。

そうしたら自己破産でリボ払いのりそくをゼロにして、借金がぜろの状態にしたらどうかとアドバイスされました。

それから自分の所在地からきんきょりのほうりつじむしょにつうわして、じかにじむしょにいき、30分の無料面談をしました。

じむしょには2かい行くだけでした。

そうしてつうわと郵便で事務所やべんごしさんとコミュニケーションをとりあって自己破産の手続をすすめました。

自己破産の申立には着手金とべんごしの代理援助を合計してだいたい15万円使いました。

15万円をしはらう能力が無かったので、法テラスの扶助制度を使用して、すこしのあいだだけ建て替えました。

15万円を私の返済するのうりょくに応じて、必要とした費用を月に1回法テラスに口座振替ではらいました。

結果的には、べんごし事務所に面談に足を運んでから10ヶ月後に、じこはさんの免責が許可を受けたのです。

自己破産は、私のしょうがいの汚点です。

デビットカードは使えるけれど、クレカが利用できない欠点があります。

そのいっぽうで、自己破産したことを周囲にいわなければきづかれずにすみます。

わたしが自己破産しちゃった事実をしるひとは、ごく限られているのです。

リボ払いのりそくがなくなったことで、返済の心配がなくなりました。

現在はクレカの期限があっというまに終わるようにと待ちながら仕事にいるわけです。

という訳で、じこはさんの申し立てを考えているなら、めんさいにじかんが要するので、さいしょから弁護士事務所に電話してむりょうの相談をやってもらっててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.