大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある櫻田司法律事務所の情報

投稿日:

わたしはかなり前に自己破産した33歳の独身おんなです。

このページでは、自己破産を考えている方に、わたしのけいけんからわかったないようを綴っています。

答えからいうと、じこはさんは弁護士さんに無料相談してかわりで申し立ててもらうと問題なく免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

櫻田司法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満3丁目5-18-606

TEL:TEL 06-6131-1360

どうして自己破産をもうしたてたのかを話しします。

しかくのしょうざいやセミナーのこうにゅうをクレジットカードのリボ払いで決済していました。

1かげつのきゅうりょうよりもリボばらいの利息のたかくなってしまいました。

あるとき大病をわずらい、ちりょうひが払うことになるので、リボばらいのりそくをしはらいきれなくなりました。

途方に暮れた私は、消費生活センターやじもとの弁護士会に携帯でお話をしてみたのです。

そうしたらじこはさんでリボばらいの利息を無しにして、しゃっきんがない状態にしたらどうかと提案されました。

その後自分の居住地からちかいべんごしじむしょに電話して、ちょくせつじむしょにいって、30分のむりょう相談をしたのです。

事務所には二回あしをはこぶだけでした。

それから電話と郵送で事務所や弁護士とれんらくをとりあって自己破産の手続きを進めました。

じこはさんの申立には着手金とべんごしさんの代理援助を合わせてやく15万円必要でした。

15万円をはらうのうりょくがなかったので、法テラスの扶助制度を活用して、そのときだけ建て替えました。

15万円を私の支払する能力にしたがって、かかったお金をつきごとに法テラスに口座振替で支払いました。

遂には、法律事務所にはなしに行ってから10ヶ月後に、じこはさんのめんさいが許可を受けたのです。

自己破産は、わたしのいっしょうの汚点です。

デビットカードは使用できるけれど、カードがつかえないデメリットがあります。

その一方で、自己破産したことをほかのひとにいわなければ知られずに済みます。

私が自己破産してしまったじじつを知っているひとは、ごく限定されているわけです。

リボ払いの利息がなくなったことで、借金の不安がなくなりました。

さいきんはクレジットカードのきかんがあっという間に終わるようにと待ちながら仕事にいます。

ということから、自己破産の申し立てを考えているなら、免責に時間がひつようとなるので、ためらうことなく法律じむしょに連絡して無料の相談をうけて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.