大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある田村展靖法律事務所の情報

投稿日:

わたしは数年前に自己破産した30歳のシングルのおとこです。

このホームページでは、自己破産をかんがえている方に、私の経験からわかった情報をおつたえしています。

こたえからいうと、自己破産は弁護士に0えんで面談して代理で申し立ててもらうとスムーズにめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

田村展靖法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満1丁目2-5

TEL:TEL 06-4792-8831

どうしてじこはさんを申し立てたのかをおはなしします。

ビジネスの商材やじゅくの購入をクレジットカードのリボ払いで決済していました。

毎月のしゅうにゅうよりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

ある時たいびょうをわずらい、治療費が必要なので、リボ払いの利息をはらいきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやじもとの弁護士会にでんわでおはなしをしたのです。

そうすると自己破産でリボばらいのりそくをゼロにして、借金がない状態にしたらどうかと提案されました。

そうしてうちの所在地から近距離の法律事務所にでんわして、ちょくで事務所に出向いて、30分の無料面談をしたのです。

事務所には二度足を運ぶだけでした。

そうして電話と郵送でじむしょや弁護士さんと連絡をとりあって自己破産のてつづきを進めました。

じこはさんの申立には着手金とべんごしのだいりえんじょを合わせて約15万円使いました。

15万円を支払う能力がなかったので、法テラスの扶助制度を使って、一時的に建て替えました。

15万円をわたしの支払するのうりょくに合うようにして、掛かった費用をまいつき法テラスにこうざひきおとしで払いました。

さいしゅうてきには、ほうりつじむしょにはなしにいってから10ヶ月後に、じこはさんのめんさいがきょかをうけたのです。

じこはさんは、私のじんせいのおてんです。

デビットカードは利用できるけれど、カードがしようできないけってんがあるというわけです。

そのいっぽうで、自己破産したことを他の人に言わなければ知られずに済むのです。

私が破産してしまった事をしるひとは、ごく限られているというわけです。

リボ払いのりそくが無くなったことで、返済の悩みが無くなりました。

このごろはクレジットカードのきげんがあっという間におわるようにと待ちながらしごとにいるわけです。

とにかく、自己破産の申し立てを考えているなら、免責にじかんがようするので、いそいでべんごしじむしょに連絡してむりょう相談を受けて手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.