大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある岸本康義法律事務所の情報

投稿日:

わたしは前にじこはさんした38歳の独身女です。

このページでは、自己破産を考えている方に、私の経験から得たないようをつたえています。

答えからいうと、自己破産は弁護士に0円でそうだんしてだいりで申し立ててもらうと円滑に免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

岸本康義法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4丁目4-18

TEL:TEL 06-6366-0478

どんな理由でじこはさんを申し立てたのかをお話します。

自己啓発のしょうざいやスクールのこうにゅうをクレカのリボ払いでしはらいしていました。

つきの給料よりもリボ払いのりそくのたかくなってしまいました。

あるひたいびょうをわずらい、医療費が必要になるので、リボばらいの利息を支払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやそのちいきの弁護士会に電話で相談をしたわけです。

そうしたら自己破産でリボ払いの利息をナシにして、借金がないじょうたいにしたらどうかと提案されました。

それからうちのきょじゅうちからあまり離れていない弁護士事務所にでんわして、直接事務所に出かけて、30分の無料相談をしたのです。

事務所には2度足を運ぶだけでした。

それから電話と郵送で事務所や弁護士さんとれんらくをとりあって自己破産のてつづきを進めました。

自己破産のもうしたてには着手金とべんごしさんの代理援助を合わせてやく15万円必要でした。

15万円を支払うのうりょくがありませんでしたので、法テラスの扶助制度をうまく使って、いちじてきに建て替えました。

15万円を私の返済する能力におうじて、ひつようとしたひようを1か月ごとに法テラスに口座引落で支払いました。

最終的には、弁護士じむしょにめんだんにいってから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可されました。

自己破産は、私の人生のおてんです。

デビットカードはしようできるけれど、クレカが使用できないけってんがあります。

けれども、じこはさんしたことをまわりの人に言わなければ気づかれずにすみます。

わたしがはさんしたことを知っている人は、ごくかぎられているわけです。

リボ払いのりそくが無くなったことで、しゃっきんの不安が消えました。

今はクレジットカードの期限が早くおわるようにと待ちながら仕事におります。

ということから、じこはさんの申立てを考えているなら、免責に時間がひつようなので、さいしょからべんごし事務所に連絡して無料の相談を受けて手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.