大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある久岡法律事務所の情報

投稿日:

わたしは3年前に自己破産した38歳の独身男性です。

このページでは、じこはさんを検討している人に、私のじつれいから得た情報をお伝えしています。

結論からいうと、自己破産は弁護士にむりょう相談して代理で申し立ててもらうと問題なく免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

久岡法律事務所

所在地

〒541-0041大阪府大阪市中央区北浜2丁目1-5-501

TEL:TEL 06-6226-7621

どうして自己破産を申し立てたのかをおつたえします。

じこけいはつのテキストやこうしゅうかいの購入をクレカのリボばらいで決済していました。

1か月の給与よりもリボ払いの利息の高額になってしまいました。

あるときたいびょうをわずらい、手術費がはらうことになるので、リボばらいの利息をしはらいきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターや地元の弁護士会に携帯で話をしたのです。

そうすると自己破産でリボばらいの利息をゼロにして、借金がない状態にしたらどうかとアドバイスされました。

そのご私のじゅうしょからあまりはなれていない弁護士事務所に電話して、直接事務所にいって、30分の無料相談をしました。

事務所には二回いくだけでした。

そうして電話と郵送で事務所や弁護士とコミュニケーションをとりあって自己破産の手続きをすすめました。

自己破産の申立にはちゃくしゅきんとべんごしさんの代理援助をあわせると大体15万円費やしました。

15万円を支払う能力がなかったので、法テラスの扶助制度をりようすることで、そのときだけ建て替えました。

15万円をわたしのへんさいする能力にあわせて、必要としたひようを毎月法テラスに口座振替で支払いました。

さいしゅうてきには、ほうりつじむしょに相談にいってから10ヶ月後に、じこはさんのめんさいが許可されました。

自己破産は、私のじんせいのおてんです。

デビットカードは使えるけれど、クレカが使用できないけってんがあるというわけです。

だけども、はさんしたことをたにんにいわなければしられずに済むのです。

私が自己破産した事を知るかたは、ごくかぎられています。

リボ払いのりそくがなくなったことで、借金のしんぱいがきえました。

この頃はクレジットカードの期間があっという間におわるようにと待ちながらしごとにいます。

という訳で、自己破産の申し立てを考えているなら、免責に時間がひつようとなるので、すぐにべんごし事務所に連絡して無料の面談をしてもらって手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.