大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある藤田特許法律事務所法律部の情報

投稿日:

私はすうねんまえにじこはさんした50代既婚女です。

このページでは、じこはさんをけんとうしている方に、私のたいけんからえたじょうほうを書いています。

こたえからいうと、じこはさんはべんごしにむりょう相談してかわりで申し立ててもらうともんだいなく免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

藤田特許法律事務所法律部

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目3-6

TEL:TEL 06-6364-6412

何でじこはさんを申し立てたのかをお伝えします。

ビジネスのしょうざいや講習会のにゅうしゅをクレカのリボ払いでしはらいしていました。

毎月の給料よりもリボばらいの利息の高くなってしまいました。

ある時大病をわずらい、治療費がひつようになるので、リボ払いの利息を支払いきれなくなりました。

途方に暮れた私は、消費生活センターやその地域の弁護士会に携帯で相談をしてみたのです。

そうすると自己破産でリボ払いのりそくをゼロにして、借金がゼロの状態にしたらどうかとていあんされました。

そして自分の所在地からあまりはなれていないべんごしじむしょにでんわして、直接事務所に出向いて、30分の無料面談をおこないました。

事務所には二回行くだけでした。

そうしてつうわとゆうそうで事務所や弁護士とれんらくをとりあって自己破産の手続きを進めました。

自己破産の申し立てには着手金とべんごしさんのだいりえんじょをあわせておよそ15万円つかいました。

15万円を払うちからがなかったので、法テラスの扶助制度を使って、いちじてきにたてかえました。

15万円を私のへんさいする能力におうじて、ひつようとした金額を毎月法テラスに口座引落で支払いました。

結果的には、べんごし事務所にめんだんに行ってから10ヶ月後に、自己破産の免責がきょかをうけました。

自己破産は、私の人生の汚点です。

デビットカードは使用できるけれど、カードが使えない欠点があるのです。

だけども、破産した事をほかの人にいわなければ知られずに済むのです。

私が自己破産してしまった事を知っている人は、ごくげんていされているわけです。

リボ払いの利息が無くなったことで、借金の苦しみがなくなったのです。

現在はクレジットカードの期限が早くおわるようにと待ちながらおしごとにいます。

というわけで、自己破産の申し立てを検討しているなら、免責にじかんが必要なので、直ちにほうりつ事務所にれんらくしてむりょう相談をうけててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.