大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある鈴木俊生法律事務所の情報

投稿日:

私は過去にじこはさんした33歳のきこん男性です。

当サイトでは、自己破産をけんとうしている方に、私の事例から得たおはなしを伝えています。

結論からいうと、じこはさんはべんごしさんにタダで面談して代理で申し立ててもらうとすいすいと免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

鈴木俊生法律事務所

所在地

〒541-0057大阪府大阪市中央区北久宝寺町1丁目4-11

TEL:TEL 06-4964-1900

どういうわけでじこはさんをもうしたてたのかをお話します。

自己啓発の教材やセミナーの購入をクレカのリボばらいで決済していました。

毎月の給与よりもリボばらいの利息の高くなってしまいました。

ある日大病をわずらい、手術費がひつようになるので、リボばらいのりそくをしはらいきれなくなりました。

こまりはてたわたしは、消費生活センターやその地域の弁護士会に携帯でおはなしをしてみました。

そうしたらじこはさんでリボ払いの利息をナシにして、借金が無いじょうたいにしたらどうかと提案されました。

そしてじぶんの居住地からあまりはなれていない弁護士事務所に電話して、直に事務所に出掛けて、30分の無料面談をしました。

じむしょには2度いくだけでした。

それから通話とゆうそうで事務所や弁護士とれんらくをとりあって自己破産の手続を進めました。

自己破産の申立てにはちゃくしゅきんと弁護士の代理援助を合わせるとだいたい15万円ついやしました。

15万円をはらうちからがなかったので、法テラスの扶助制度をうまくつかって、いちじてきにたてかえました。

15万円を私の支払いするのうりょくに合わせて、かかったきんがくを毎月1回法テラスに口座引落で払いました。

最終的には、ほうりつ事務所にめんだんにいってから10ヶ月後に、自己破産のめんさいが許可を受けました。

じこはさんは、私のいっしょうの汚点です。

デビットカードは利用できるけれど、カードが使えないけってんがあります。

ですが、破産したことを他人にいわなければしられずにすみます。

わたしが自己破産しちゃった事をしる人は、ごく限定されています。

リボばらいの利息がなくなったことで、返済の苦しみがきえました。

近頃はカードのきげんがあっというまにおわるようにと待ちながら仕事におります。

とにかく、じこはさんの申し立てをけんとうしているなら、免責に時間がかかるので、すぐに法律じむしょにれんらくして無料相談をしてもらって手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.