大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある葉月法律事務所の情報

投稿日:

私はかなりまえにじこはさんした30代独身男です。

このサイトでは、自己破産をけんとうしている方に、わたしのたいけんから得たじょうほうを書いています。

こたえからいうと、自己破産は弁護士に0えんでめんだんしてだいりで申し立ててもらうと問題なくめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

葉月法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4丁目1-2-601

TEL:TEL 06-6365-2211

なんで自己破産を申し立てたのかを話しします。

びじねすのテキストやセミナーの購入をカードのリボ払いで決済していました。

つきの収入よりもリボ払いのりそくの高くなってしまいました。

あるとき大病をわずらい、いりょうひが必要なので、リボばらいの利息を払いきれなくなりました。

こまりはてた私は、消費生活センターやその地域の弁護士会にけいたいで話をおこないました。

そうすると自己破産でリボ払いの利息をナシにして、借金がないじょうたいにしたらどうかと提案されました。

そのご自分の居住地からあまりはなれていないべんごし事務所に電話して、ちょくでじむしょにでかけて、30分の無料相談をしました。

事務所には二度足を運ぶだけでした。

そうして電話と郵送でじむしょや弁護士と連絡をとりあって自己破産の手続きを進めました。

自己破産の申し立てにはちゃくしゅきんと弁護士さんの代理援助を合わせてだいたい15万円必要でした。

15万円を払うのうりょくがなかったので、法テラスの扶助制度をうまく使って、一時的に建て替えました。

15万円を私の返済する能力にしたがって、かかった金額を月に1回法テラスに口座振替で支払いました。

さいしゅうてきには、べんごし事務所に相談にあしをはこんでから十か月後に、じこはさんのめんさいが許可をうけました。

自己破産は、私のじんせいのおてんです。

デビットカードは利用できるけれど、クレカがりようできない欠点があるというわけです。

けれども、破産した事を他人に言わなければ知られずにすむのです。

わたしが破産しちゃったじじつをしっているひとは、ごく限られているというわけです。

リボ払いの利息がなくなったことで、へんさいの不安がなくなりました。

近頃はカードの期限が早くおわるようにとまちながら仕事にいるわけです。

ですから、じこはさんの申し立てをけんとうしているなら、免責に時間が必要となるので、急いでべんごし事務所に連絡してむりょうのめんだんをうけて手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.