大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪府 河内長野市

大阪府河内長野市にある大阪南法律事務所の情報

投稿日:

私は3年前に自己破産した36歳の独身男性です。

当ページでは、自己破産を検討している方に、私の経験からわかった情報を伝えています。

けつろんからいうと、自己破産はべんごしに0えんでめんだんして代理でもうしたててもらうとえんかつに免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

大阪南法律事務所

所在地

〒586-0014大阪府河内長野市長野町5-1

TEL:TEL 0721-52-6603

何で自己破産を申し立てたのかをお伝えします。

じこけいはつのしょうざいやじゅくの購入をクレカのリボ払いで決済していました。

月の収入よりもリボばらいの利息のこうがくになってしまいました。

ある時大病をわずらい、治療費用が必要になるので、リボ払いの利息を支払いきれなくなりました。

こまりはてた私は、消費生活センターや地元の弁護士会にでんわで話を行ないました。

そうすると自己破産でリボ払いの利息をゼロにして、借金が無い状態にしたらどうかと提案されました。

そうしてわたしの所在地から近くにある法律事務所にでんわして、直接事務所に行って、30分の無料そうだんをしたのです。

事務所には二回出向くだけでした。

そしてつうわとゆうそうでじむしょやべんごしさんと連絡をとりあって自己破産の手続きをすすめました。

じこはさんのもうしたてにはちゃくしゅきんとべんごしさんの代理援助を合計してやく15万円つかいました。

15万円を支払うのうりょくがなかったので、法テラスの扶助制度をうまく使って、一時的にたてかえました。

15万円を私の返済する能力に合うようにして、掛かった金額を1か月ごとに法テラスにこうざひきおとしで支払いました。

遂には、ほうりつ事務所にはなしに行ってから10ヶ月後に、自己破産のめんさいが許可を受けたのです。

自己破産は、私の生涯の汚点です。

デビットカードは利用できるけれど、クレジットカードが使えないデメリットがあります。

だけども、破産したじじつをしゅういにいわなければ気づかれずにすむのです。

私がじこはさんしてしまった事実を知っている人は、ごくかぎられているのです。

リボ払いの利息がゼロになったことで、借金の悩みがなくなりました。

ちかごろはカードのきかんが早く終わるようにとまちながら仕事におります。

という訳で、自己破産の申し立てを検討しているなら、免責に時間がかかるので、さいしょからべんごしじむしょにでんわして無料のめんだんをやってもらっててつづきを。

-大阪府, 河内長野市
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.