大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある渡辺法律会計事務所の情報

投稿日:

私はかなりまえに自己破産した五十代独身おんなです。

このサイトでは、自己破産を検討しているかたに、私のけいけんからわかった情報を書いています。

こたえからいうと、自己破産は弁護士にタダで相談してかわりで申し立ててもらうとえんかつに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

渡辺法律会計事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4丁目6-18

TEL:TEL 06-6365-7528

何故自己破産をもうしたてたのかをはなしします。

スキルアップのきょうざいやセミナーのこうにゅうをクレジットカードのリボ払いでしはらいしていました。

ひと月の収入よりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

あるひ大病をわずらい、いりょうひが必要になるので、リボ払いのりそくをしはらいきれなくなりました。

困り果てたわたしは、消費生活センターや地元の弁護士会に電話ではなしをしてみたのです。

するとじこはさんでリボ払いのりそくを無しにして、しゃっきんがない状態にしたらどうかと提案されました。

そのご自分の所在地からあまりはなれていないほうりつ事務所に通話して、ちょくせつ事務所にでむいて、30分のむりょう面談をおこないました。

事務所には2どあしをはこぶだけでした。

そしてつうわとゆうびんでじむしょや弁護士と連絡をとりあってじこはさんのてつづきを進めました。

じこはさんの申立てにはちゃくしゅきんと弁護士さんの代理援助をあわせて大体15万円使いました。

15万円を払う能力がなかったので、法テラスの扶助制度をうまく使って、一時的に建て替えました。

15万円を私の返済するのうりょくに合うようにして、かかったひようを1か月毎に法テラスにこうざひきおとしで支払いました。

結局は、ほうりつじむしょに相談にいってから十か月後に、自己破産の免責が許可されました。

自己破産は、私のじんせいの汚点です。

デビットカードはしようできるけれど、カードが利用できないデメリットがあります。

だけども、じこはさんしたじじつをしゅういにいわなければ知られずに済むのです。

私がはさんしてしまったことを知っている方は、ごく限られています。

リボ払いのりそくがなくなったことで、借金の心配がなくなりました。

さいきんはクレジットカードの期間が早く終わるようにと待ちながらおしごとにいるわけです。

ということで、じこはさんのもうしたてを検討しているなら、免責に時間が必要なので、さいしょからべんごし事務所に電話して無料そうだんをやってもらって手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.