大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある誠心法律事務所の情報

投稿日:

わたしは2年前ににじこはさんした51歳の独身男性です。

このホームページでは、自己破産を考えているひとに、私の体験から得たじょうほうを書いています。

こたえからいうと、自己破産は弁護士にむりょう面談してだいりでもうしたててもらうとスムーズに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

誠心法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目6-8-724

TEL:TEL 06-6130-8257

どういう訳で自己破産を申し立てたのかをお話します。

スキルアップのテキストや講習会の購入をクレジットカードのリボばらいでしはらいしていました。

毎月の収入額よりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

あるひ大病をわずらい、治療費がはらうことになるので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

途方に暮れた私は、消費生活センターやその地域の弁護士会にでんわでそうだんをしました。

そうすると自己破産でリボばらいの利息をぜろにして、しゃっきんが無いじょうたいにしたらどうかと提案されました。

そのごじぶんの住所からあまりはなれていない弁護士事務所につうわして、直接事務所に行き、30分のむりょう相談をしたのです。

事務所には2回足を運ぶだけでした。

そうして通話と郵送で事務所やべんごしとれんらくをとりあって自己破産の手続きを進めました。

自己破産の申立てには着手金とべんごしさんの代理援助をあわせるとだいたい15万円つかいました。

15万円をしはらう能力がありませんでしたので、法テラスの扶助制度を活用して、その時だけ建て替えました。

15万円を私のへんさいする力に応じて、かかったひようを1か月ごとに法テラスに口座引き落としではらいました。

ついには、弁護士事務所にはなしにいってから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可をうけました。

自己破産は、私の人生の汚点です。

デビットカードは使用できるけれど、クレジットカードが使えないけってんがあります。

その一方で、破産したじじつをまわりにいわなければ知られずに済みます。

わたしがじこはさんした事実をしる方は、ごく限定されているわけです。

リボばらいの利息が無くなったことで、借金の心配がない状態です。

現在はクレカの期限があっというまにおわるようにとまちながらしごとにいるわけです。

ということから、自己破産の申し立てをかんがえているなら、免責にじかんが必要となるので、ためらうことなくほうりつじむしょにでんわして無料面談を受けて手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.