大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市都島区にあるとも法律事務所の情報

投稿日:

私はまえにじこはさんした33歳のどくしん男です。

当記事では、じこはさんをけんとうしている方に、私の体験からわかった情報をしるしています。

こたえからいうと、じこはさんは弁護士さんに0えんで面談してだいりで申し立ててもらうともんだいなく免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

とも法律事務所

所在地

〒534-0015大阪府大阪市都島区善源寺町1丁目5-43

TEL:TEL 06-6924-6070

なんでじこはさんを申し立てたのかをかたりします。

しかくのしょうざいや塾のこうにゅうをクレジットカードのリボ払いで決済していました。

ひと月の給料よりもリボ払いの利息のこうがくになってしまいました。

ある日大病をわずらい、ちりょうひがかかるので、リボばらいの利息を払いきれなくなりました。

途方に暮れたわたしは、消費生活センターやそのエリアの弁護士会にけいたいでそうだんをしてみたのです。

すると自己破産でリボ払いの利息をぜろにして、しゃっきんがぜろの状態にしたらどうかと提案されました。

その後自分のしょざいちからあまり離れていないべんごし事務所に電話して、直接じむしょに出向いて、30分の無料めんだんをしました。

事務所には2回足を運ぶだけでした。

そうして電話とゆうびんでじむしょや弁護士と連絡をとりあって自己破産の手続きを進めました。

自己破産の申立てにはちゃくしゅきんと弁護士の代理援助をごうけいしておよそ15万円掛かりました。

15万円を払う能力がなかったので、法テラスの扶助制度を使って、その時だけ建て替えました。

15万円をわたしの返済する力におうじて、ひつようとしたおかねを1か月ごとに法テラスに口座振替で支払いました。

遂には、ほうりつ事務所にそうだんに足を運んでから十か月後に、自己破産のめんさいが許可をうけたのです。

自己破産は、わたしの生涯の汚点です。

デビットカードはしようできるけれど、クレカが使用できないデメリットがあるというわけです。

だけども、破産したじじつをほかの人にいわなければしられずに済みます。

わたしが自己破産したことをしるかたは、ごく限られているのです。

リボばらいのりそくがなくなったことで、借金の苦しみがなくなりました。

最近はクレカの期間があっという間に終わるようにとまちながら仕事にいます。

よって、自己破産のもうしたてをけんとうしているなら、免責に時間が必要となるので、すぐに弁護士事務所に連絡して無料面談を受けて手続を。

-大阪市, 大阪府
-, , ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.