大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にあるALG&Associates(弁護士法人)の情報

投稿日:

わたしは4ねんまえに自己破産した36歳のシングルのじょせいです。

このHPでは、じこはさんを考えているひとに、わたしのじれいから得たじょうほうをかいています。

答えからいうと、じこはさんは弁護士に0円で相談して代わりでもうしたててもらうとスムーズにめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

ALG&Associates(弁護士法人)

所在地

〒530-0057大阪府大阪市北区曾根崎2丁目5-10-801

TEL:TEL 06-6940-4446

どんなりゆうで自己破産をもうしたてたのかをお話します。

自己啓発のてきすとやこうしゅうかいの購入をクレカのリボ払いで決済していました。

毎月のしゅうにゅうよりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

ある時たいびょうをわずらい、治療費がかかるので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターや地元の弁護士会に電話で話をしてみたのです。

そうするとじこはさんでリボ払いのりそくをぜろにして、しゃっきんがない状態にしたらどうかとていあんされました。

そうしてわたしの住所からちかくにある弁護士事務所につうわして、直接じむしょに出向いて、30分の無料そうだんをしたわけです。

事務所には2回行くだけでした。

そうして電話とゆうびんで事務所や弁護士と連絡をとりあって自己破産の手続を進めました。

自己破産の申立てには着手金と弁護士の代理援助を合わせて大体15万円ついやしました。

15万円を支払う能力が無かったので、法テラスの扶助制度を利用して、一時的に建て替えました。

15万円を私のしはらいする能力に応じて、かかったお金をつきごとに法テラスに口座引き落としで支払いました。

ついには、弁護士じむしょにはなしにあしをはこんでから10ヶ月後に、じこはさんの免責がきょかされました。

自己破産は、わたしのいっしょうのおてんです。

デビットカードは使用できるけれど、カードが利用できないけってんがあるというわけです。

しかし、破産した事をほかの人にいわなければきづかれずにすみます。

私がはさんしたことを知る方は、ごくげんていされているわけです。

リボ払いの利息がゼロになったことで、しゃっきんのしんぱいがない状態です。

ちかごろはクレカのきげんが早く終わるようにとまちながらしごとにいます。

ということから、自己破産の申立てを検討しているなら、めんさいにじかんがかかるので、すぐに法律じむしょに連絡してむりょう相談をやってもらって手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.