大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある大阪和音法律事務所の情報

投稿日:

私は1年前にに自己破産した51歳の既婚だんせいです。

当記事では、自己破産を考えている人に、私の実例から得たじょうほうをかいています。

結論からいうと、自己破産はべんごしにむりょう相談してかわりで申し立ててもらうとスムーズに免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

大阪和音法律事務所

所在地

〒530-0054大阪府大阪市北区南森町1丁目3-27-306

TEL:TEL 06-6940-4704

どういうりゆうで自己破産をもうしたてたのかをお話します。

スキルアップのしょうざいやスクールの購入をクレカのリボ払いでけっさいしていました。

月の給料よりもリボ払いの利息のこうがくになってしまいました。

ある時たいびょうをわずらい、いりょうひがかかるので、リボ払いのりそくを支払いきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターや地元の弁護士会にでんわで話をしたわけです。

そうするとじこはさんでリボばらいのりそくをぜろにして、借金がぜろの状態にしたらどうかとアドバイスされました。

そうしてわたしの居住地からあまりはなれていない弁護士事務所に電話して、じかに事務所に出向いて、30分の無料面談をしました。

事務所には2どでむくだけでした。

そして電話と郵便でじむしょやべんごしさんと連絡をとりあって自己破産の手続きを進めました。

自己破産のもうしたてには着手金と弁護士の代理援助を合わせておよそ15万円使いました。

15万円をしはらう力が無かったので、法テラスの扶助制度をりようして、すこしのあいだだけ建て替えました。

15万円をわたしの返済するちからにあうようにして、かかった金額を月に1度法テラスにこうざひきおとしではらいました。

ついには、ほうりつ事務所に話にあしをはこんでから十か月後に、じこはさんのめんさいが許可をしてもらいました。

自己破産は、私の人生のおてんです。

デビットカードは使用できるけれど、クレジットカードがりようできないデメリットがあります。

だけども、自己破産したことをたにんに言わなければ知られずにすむのです。

私が自己破産してしまった事実をしっている人は、ごくかぎられています。

リボばらいの利息がなくなったことで、へんさいのしんぱいがなくなったのです。

この頃はクレカの期間が早く終わるようにとまちながら仕事にいます。

ということで、自己破産の申し立てをかんがえているなら、免責に時間がひつようなので、はじめから弁護士事務所にれんらくして無料相談をしてもらっててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.