大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪府 寝屋川市

大阪府寝屋川市にある寝屋川法律事務所の情報

投稿日:

私は2年前にに自己破産した39歳のみこん男性です。

このページでは、自己破産を考えている方に、私のじれいから得たじょうほうをしるしています。

こたえからいうと、自己破産は弁護士に0円で相談してかわりで申し立ててもらうとスムーズに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

寝屋川法律事務所

所在地

〒572-0837大阪府寝屋川市早子町23-12

TEL:TEL 072-821-5505

何故自己破産を申し立てたのかをお話します。

しかくの商材やこうしゅうかいの購入をクレジットカードのリボ払いでせいさんしていました。

1か月の収入額よりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

あるひ大病をわずらい、手術費が必要になるので、リボ払いの利息をはらいきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやそのちいきの弁護士会に電話でそうだんをしてみました。

そうすると自己破産でリボ払いのりそくをゼロにして、しゃっきんがないじょうたいにしたらどうかと提案されました。

それから私のきょじゅうちからあまり離れていない弁護士事務所にでんわして、ちょくせつじむしょに出向いて、30分の無料面談をしたわけです。

事務所には2回あしをはこぶだけでした。

そうしてでんわと郵送で事務所や弁護士さんとコミュニケーションをとりあってじこはさんの手続を進めました。

自己破産の申立には着手金とべんごしのだいりえんじょを合計してやく15万円必要でした。

15万円をしはらうのうりょくがなかったので、法テラスの扶助制度をりようすることで、いちじてきにたてかえました。

15万円をわたしの返済する能力に応じて、かかった費用をまいつき法テラスに口座引き落としで支払いました。

結局は、弁護士事務所にはなしにいってから十か月後に、じこはさんのめんさいがきょかを受けたのです。

自己破産は、私の生涯の汚点です。

デビットカードは使えるけれど、クレジットカードがりようできない欠点があるわけです。

ですが、自己破産したことをまわりの人に言わなければきづかれずに済むのです。

わたしがじこはさんしたことをしるひとは、ごくげんていされています。

リボ払いのりそくがなくなったことで、しゃっきんの悩みがありません。

現在はクレカのきかんが早くおわるようにとまちながら仕事にいるのです。

ということから、じこはさんの申し立てを考えているなら、免責にじかんがひつようとなるので、ただちにべんごし事務所にでんわして無料相談をしてもらって手続を。

-大阪府, 寝屋川市
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.