大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪府 岸和田市

大阪府岸和田市にある弁護士法人英明法律事務所岸和田事務所の情報

投稿日:

私はなんねんかまえに自己破産した51歳のどくしんじょせいです。

当サイトでは、じこはさんを考えている人に、わたしのじつれいから得たおはなしを記しています。

答えからいうと、じこはさんは弁護士にむりょう相談して代わりで申し立ててもらうと問題なくめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

弁護士法人英明法律事務所岸和田事務所

所在地

〒596-0076大阪府岸和田市野田町1丁目8-28

TEL:TEL 072-430-5711

なぜ自己破産をもうしたてたのかをお話します。

資格の教材やセミナーのこうにゅうをクレカのリボ払いで決済していました。

ひと月の収入よりもリボ払いのりそくのたかくなってしまいました。

あるときたいびょうをわずらい、医療費がひつようなので、リボばらいのりそくをしはらいきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターや地元の弁護士会に電話で相談をしたわけです。

すると自己破産でリボ払いのりそくをゼロにして、しゃっきんがゼロの状態にしたらどうかとアドバイスされました。

そうしてわたしの居住地から近いほうりつじむしょにでんわして、直接事務所にいき、30分の無料面談をしたわけです。

事務所には2回でむくだけでした。

それから電話とゆうびんで事務所やべんごしと連絡をとりあって自己破産の手続きを進めました。

自己破産の申立てには着手金とべんごしのだいりえんじょをごうけいしてほぼ15万円ひつようでした。

15万円をはらうのうりょくがなかったので、法テラスの扶助制度を利用することで、いちじてきに建て替えました。

15万円を私の返済するちからに従って、必要としたお金をつきごとに法テラスに口座振替で支払いました。

結局は、べんごし事務所にそうだんにあしをはこんでから10ヶ月後に、自己破産のめんさいが許可されました。

自己破産は、私の一生の汚点です。

デビットカードはりようできるけれど、クレカが使えないデメリットがあります。

ですが、自己破産した事を周りにいわなければ知られずに済むのです。

私が破産してしまった事実をしっているひとは、ごく限られています。

リボばらいの利息が無くなったことで、借金の不安が無くなりました。

最近はカードのきかんがはやくおわるようにと待ちながら仕事にいます。

というわけで、自己破産の申し立てを考えているなら、免責にじかんがかかるので、ためらうことなくべんごし事務所にでんわして無料面談をうけて手続を。

-大阪府, 岸和田市
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.