大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある角田龍平の法律事務所の情報

投稿日:

わたしは3ねんまえにじこはさんした42歳の未婚おんなです。

このブログでは、自己破産を考えているかたに、私の体験から得たないようをおつたえしています。

けつろんからいうと、自己破産はべんごしに無料相談して代理で申し立ててもらうと円滑に免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

角田龍平の法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目8-1-106

TEL:TEL 06-6364-4117

何で自己破産を申し立てたのかをかたりします。

ビジネスのてきすとや塾のこうにゅうをクレカのリボ払いで清算していました。

ひと月の給与よりもリボばらいのりそくのたかくなってしまいました。

ある時大病をわずらい、治療費用が払うことになるので、リボ払いの利息をしはらいきれなくなりました。

困り果てたわたしは、消費生活センターやじもとの弁護士会に携帯ではなしをしたわけです。

そうすると自己破産でリボ払いの利息をゼロにして、借金がゼロの状態にしたらどうかとていあんされました。

そしてうちの所在地から近距離の弁護士じむしょにつうわして、直にじむしょに行き、30分の無料相談をしました。

事務所には2回でむくだけでした。

そしてでんわと郵送で事務所や弁護士とれんらくをとりあってじこはさんの手続を進めました。

自己破産の申立てには着手金とべんごしさんのだいりえんじょを合わせるとおよそ15万円費やしました。

15万円をはらう能力がありませんでしたので、法テラスの扶助制度をしようして、少しの間だけ建て替えました。

15万円を私の支払いするちからにあうようにして、必要としたお金を月毎に法テラスに口座振替で支払いました。

遂には、ほうりつ事務所にめんだんにいってから10ヶ月後に、自己破産の免責がきょかをしてもらいました。

自己破産は、わたしのじんせいの汚点です。

デビットカードはしようできるけれど、カードが使えないデメリットがあります。

ですが、自己破産したことをたにんにいわなければ知られずに済みます。

わたしがじこはさんしてしまったことを知っている人は、ごく限定されているというわけです。

リボばらいの利息がゼロになったことで、しゃっきんの不安が無くなりました。

げんざいはクレジットカードのきげんがはやく終わるようにと待ちながら仕事におります。

というわけで、じこはさんの申立てをけんとうしているなら、免責に時間がひつようとなるので、最初から弁護士事務所にでんわして無料のそうだんをやってもらっててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.