大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪府 豊中市

大阪府豊中市にある清水聖子法律事務所の情報

投稿日:

私はすうねんまえに自己破産した42歳のきこん男性です。

当ページでは、自己破産を検討している方に、わたしの体験から得たお話を記しています。

答えからいうと、じこはさんは弁護士さんにただで相談して代わりで申し立ててもらうとスムーズにめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

清水聖子法律事務所

所在地

〒560-0021大阪府豊中市本町2丁目1-45-302

TEL:TEL 06-6151-9784

どういう訳で自己破産をもうしたてたのかを語りします。

スキルアップのてきすとや講習会の入手をクレジットカードのリボ払いで決済していました。

つきのきゅうりょうよりもリボばらいの利息の高くなってしまいました。

あるときたいびょうをわずらい、ちりょうひようがはらうことになるので、リボ払いのりそくを払いきれなくなりました。

とほうにくれたわたしは、消費生活センターやじもとの弁護士会に電話で相談をおこないました。

そうするとじこはさんでリボばらいの利息をゼロにして、借金がゼロのじょうたいにしたらどうかと提案されました。

そしてうちのじゅうしょから近距離の弁護士事務所に通話して、直でじむしょにでかけて、30分のむりょう面談をおこないました。

じむしょには2ど行くだけでした。

そして電話とゆうそうで事務所や弁護士と連絡をとりあって自己破産の手続きを進めました。

じこはさんの申立てにはちゃくしゅきんと弁護士の代理援助を合わせて約15万円費やしました。

15万円をしはらう能力がなかったので、法テラスの扶助制度を使って、すこしのあいだだけ建て替えました。

15万円を私のしはらいするちからに合うようにして、かかったお金をまいつき法テラスに口座振替で支払いました。

さいしゅうてきには、法律事務所に相談に行ってから十か月後に、自己破産の免責がきょかを受けたのです。

自己破産は、わたしのじんせいのおてんです。

デビットカードはりようできるけれど、クレジットカードが使用できないデメリットがあります。

そのいっぽうで、はさんしたことを誰にもいわなければきづかれずに済みます。

私が自己破産した事実を知っている方は、ごくかぎられています。

リボ払いの利息がなくなったことで、しゃっきんのくるしみが無くなりました。

最近はクレジットカードのきげんがあっというまにおわるようにとまちながらしごとにいるわけです。

とにかく、じこはさんの申し立てをけんとうしているなら、免責に時間が必要なので、急いでほうりつじむしょに電話して無料のめんだんをしてもらっててつづきを。

-大阪府, 豊中市
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.