大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある明日風法律事務所の情報

投稿日:

私は過去にじこはさんした40代独身だんせいです。

当サイトでは、自己破産を考えている方に、私の実例からえたお話を伝えています。

結論からいうと、自己破産はべんごしさんに無料相談してだいりでもうしたててもらうと円滑にめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

明日風法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満3丁目14-16

TEL:TEL 06-6364-2260

なぜじこはさんをもうしたてたのかをおはなしします。

じこけいはつの商材やセミナーの購入をクレジットカードのリボばらいで清算していました。

まいつきの給料よりもリボばらいのりそくの高くなってしまいました。

あるとき大病をわずらい、治療費がひつようになるので、リボばらいの利息を支払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターや地元の弁護士会に電話でそうだんをしてみました。

そうするとじこはさんでリボばらいの利息をなしにして、しゃっきんがない状態にしたらどうかと提案されました。

それからわたしの住所から近くにある弁護士事務所にでんわして、直で事務所に行って、30分の無料面談をおこないました。

事務所には2かいでむくだけでした。

そしてつうわと郵送で事務所やべんごしとれんらくをとりあってじこはさんの手続を進めました。

自己破産の申し立てには着手金とべんごしの代理援助を合わせてやく15万円費やしました。

15万円をはらうちからがなかったので、法テラスの扶助制度を活用して、その時だけ建て替えました。

15万円を私のしはらいする能力に応じて、ひつようとしたお金をまいつき法テラスにこうざふりかえで支払いました。

結局は、弁護士事務所にはなしにいってから10ヶ月後に、自己破産のめんさいが許可をしてもらいました。

自己破産は、私のしょうがいのおてんです。

デビットカードはりようできるけれど、クレジットカードがしようできないけってんがあるのです。

だけども、じこはさんしたことを誰にもいわなければ知られずにすみます。

私が破産したじじつを知る人は、ごくげんていされているのです。

リボばらいの利息がゼロになったことで、借金のしんぱいがなくなりました。

げんざいはクレジットカードのきかんがあっというまにおわるようにと待ちながら仕事にいます。

ということで、自己破産の申立てを考えているなら、免責に時間がひつようとなるので、ためらうことなく弁護士事務所にでんわして無料そうだんをうけて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.