大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

吹田市 大阪府

大阪府吹田市にある江坂法律事務所の情報

投稿日:

私は2ねんまえに自己破産した44歳の既婚男性です。

当HPでは、じこはさんを考えている方に、私のけいけんからわかったおはなしをお伝えしています。

けつろんからいうと、じこはさんは弁護士に無料めんだんしてだいりで申し立ててもらうとスムーズに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

江坂法律事務所

所在地

〒564-0051大阪府吹田市豊津町2-1-302

TEL:TEL 06-6339-7747

どういうりゆうで自己破産をもうしたてたのかをお話します。

ビジネスの商材やセミナーの入手をカードのリボばらいでけっさいしていました。

1かげつの収入よりもリボばらいの利息のたかくなってしまいました。

ある時大病をわずらい、ちりょうひがかかるので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

困り果てたわたしは、消費生活センターやそのちいきの弁護士会に電話でお話をしたのです。

すると自己破産でリボ払いの利息を無しにして、しゃっきんがゼロのじょうたいにしたらどうかと提案されました。

そして自分の住所からちかい法律事務所に通話して、ちょくせつじむしょに出掛けて、30分のむりょう相談を行ないました。

じむしょには2かい出向くだけでした。

そしてでんわとゆうそうで事務所や弁護士とコミュニケーションをとりあって自己破産のてつづきを進めました。

自己破産の申立てには着手金と弁護士さんの代理援助を合わせると大体15万円費やしました。

15万円を支払うのうりょくが無かったので、法テラスの扶助制度をりようして、一時的にたてかえました。

15万円を私の返済するのうりょくに合うようにして、かかった費用をつきごとに法テラスに口座振替で支払いました。

けっきょくは、べんごしじむしょに話に行ってから10ヶ月後に、自己破産の免責がきょかを受けました。

じこはさんは、私のじんせいの汚点です。

デビットカードは使用できるけれど、クレカがしようできない欠点があります。

そのいっぽうで、じこはさんしたじじつをたにんにいわなければ気づかれずにすむのです。

わたしが自己破産しちゃったことを知っているかたは、ごく限られています。

リボ払いのりそくがゼロになったことで、へんさいのしんぱいがなくなったのです。

この頃はカードのきかんが早く終わるようにと待ちながら仕事にいるわけです。

ということで、自己破産のもうしたてをかんがえているなら、めんさいに時間が必要なので、ためらわずに弁護士事務所に電話してむりょうめんだんをやってもらって手続を。

-吹田市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.