大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある島村美樹法律事務所の情報

投稿日:

私はすこしまえにじこはさんした30代既婚男です。

このホームページでは、じこはさんをけんとうしているかたに、わたしの体験からわかったおはなしを綴っています。

こたえからいうと、自己破産はべんごしさんに0円でめんだんして代理で申し立ててもらうと円滑に免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

島村美樹法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満1丁目2-5

TEL:TEL 06-6363-0611

どういうわけで自己破産を申し立てたのかをおつたえします。

しかくのテキストや塾の購入をクレジットカードのリボ払いでしはらいしていました。

つきの給料よりもリボ払いのりそくのこうがくになってしまいました。

あるとき大病をわずらい、治療費がひつようなので、リボばらいの利息を支払いきれなくなりました。

途方に暮れた私は、消費生活センターや地元の弁護士会に電話で話をしました。

するとじこはさんでリボばらいのりそくをゼロにして、しゃっきんがない状態にしたらどうかと提案されました。

それからじぶんの所在地から近距離の弁護士事務所につうわして、ちょくせつ事務所に出向いて、30分の無料そうだんをしました。

事務所には2回あしをはこぶだけでした。

そしてでんわと郵便で事務所やべんごしと連絡をとりあってじこはさんの手続を進めました。

じこはさんのもうしたてには着手金とべんごしの代理援助をまとめるとおよそ15万円かかりました。

15万円をはらう力がなかったので、法テラスの扶助制度を使用して、いちじてきに建て替えました。

15万円を私の返済する能力に応じて、ひつようとしたきんがくを毎月法テラスにこうざひきおとしで支払いました。

最終的には、弁護士事務所に話に行ってから10ヶ月後に、じこはさんのめんさいが許可されました。

自己破産は、私のいっしょうのおてんです。

デビットカードは利用できるけれど、クレカがしようできないデメリットがあります。

ですが、破産したじじつを誰にもいわなければしられずにすむのです。

私が自己破産した事を知っている方は、ごく限られているというわけです。

リボばらいのりそくが無くなったことで、借金の心配がありません。

いまははクレカの期間が早く終わるようにと待ちながらおしごとにおります。

よって、じこはさんのもうしたてを検討しているなら、免責に時間がひつようとなるので、ただちに法律事務所に連絡して無料の相談をうけててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.