大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にあるロータックス法律会計事務所の情報

投稿日:

私は2年前ににじこはさんした37歳のみこんだんせいです。

このHPでは、自己破産を考えている方に、わたしのたいけんからえた情報をつたえています。

こたえからいうと、じこはさんは弁護士に0円で相談してだいりで申し立ててもらうとスムーズに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

ロータックス法律会計事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目11-8-905

TEL:TEL 06-6940-4156

どんな理由で自己破産を申し立てたのかを語りします。

自己啓発のきょうざいやスクールの入手をカードのリボ払いでけっさいしていました。

1か月の収入よりもリボばらいの利息のこうがくになってしまいました。

ある日大病をわずらい、しゅじゅつひがひつようになるので、リボばらいの利息をはらいきれなくなりました。

こまりはてた私は、消費生活センターや地元の弁護士会にでんわで話をしたわけです。

するとじこはさんでリボ払いのりそくを無しにして、借金がない状態にしたらどうかと提案されました。

その後自分の所在地からきんきょりのほうりつ事務所に通話して、直に事務所に行って、30分の無料そうだんをしました。

事務所には2かい出向くだけでした。

そして電話とゆうそうでじむしょやべんごしさんとコミュニケーションをとりあってじこはさんの手続を進めました。

自己破産の申し立てには着手金と弁護士さんの代理援助をまとめるとやく15万円ついやしました。

15万円を支払うちからがなかったので、法テラスの扶助制度を使用して、少しの間だけ建て替えました。

15万円を私の支払いするちからに応じて、掛かったひようをつきごとに法テラスに口座引き落としで支払いました。

結果的には、法律事務所に相談に足を運んでから十か月後に、じこはさんの免責が許可をしてもらいました。

じこはさんは、私のじんせいの汚点です。

デビットカードは利用できるけれど、クレカがしようできない欠点があるのです。

だけども、自己破産したじじつをしゅういに言わなければ知られずに済みます。

わたしが自己破産しちゃったことをしるかたは、ごく限られているのです。

リボ払いの利息がなくなったことで、借金のくるしみがありません。

この頃はカードのきげんがあっというまに終わるようにと待ちながら仕事におります。

ということで、自己破産の申立てを考えているなら、免責に時間がようするので、ためらわずにほうりつ事務所に連絡してむりょう相談をしてもらって手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.