大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある谷町中央法律事務所の情報

投稿日:

わたしは3年前に自己破産した40歳の独身男性です。

当記事では、自己破産をかんがえている方に、私のじれいから得た情報をかいています。

結論からいうと、じこはさんは弁護士に0円で相談して代理で申し立ててもらうと問題なく免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

谷町中央法律事務所

所在地

〒540-0026大阪府大阪市中央区内本町1丁目2-6-2F-B

TEL:TEL 06-6949-1547

どういうわけで自己破産を申し立てたのかをお話します。

びじねすのしょうざいやセミナーのにゅうしゅをクレジットカードのリボ払いでせいさんしていました。

1かげつのしゅうにゅうがくよりもリボばらいの利息の高くなってしまいました。

あるひたいびょうをわずらい、医療費がひつようなので、リボばらいの利息を支払いきれなくなりました。

困り果てたわたしは、消費生活センターやそのちいきの弁護士会に電話でそうだんをしたわけです。

すると自己破産でリボ払いの利息を無しにして、しゃっきんがぜろの状態にしたらどうかとていあんされました。

そしてわたしの居住地からあまりはなれていないべんごし事務所に通話して、ちょくせつじむしょに行って、30分の無料めんだんをしたわけです。

事務所には2ど足を運ぶだけでした。

そして電話と郵送で事務所や弁護士とコミュニケーションをとりあって自己破産の手続きを進めました。

じこはさんのもうしたてには着手金と弁護士の代理援助を合わせて約15万円使いました。

15万円をはらうちからがなかったので、法テラスの扶助制度を使って、すこしのあいだだけ建て替えました。

15万円を私の支払いする能力に合わせて、かかった費用を1か月毎に法テラスに口座振替で払いました。

最終的には、弁護士じむしょに相談に行ってから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可を受けました。

じこはさんは、私の生涯の汚点です。

デビットカードはしようできるけれど、クレカが利用できないデメリットがあります。

その一方で、自己破産したじじつをしゅういに言わなければ知られずに済みます。

私が自己破産してしまったじじつを知っている人は、ごくかぎられているわけです。

リボばらいのりそくがゼロになったことで、借金の心配がない状態です。

この頃はクレカの期間が早く終わるようにとまちながら仕事におります。

とにかく、自己破産のもうしたてを考えているなら、めんさいに時間がひつようなので、直ぐにほうりつじむしょにでんわしてむりょうの面談をうけててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.