大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある士道法律事務所の情報

投稿日:

わたしは2年前にに自己破産した49歳の独身男です。

このブログでは、自己破産を考えている方に、わたしのけいけんから得たじょうほうを書いています。

結論からいうと、自己破産は弁護士さんに0円で相談して代わりで申し立ててもらうともんだいなくめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

士道法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4丁目7-1-201

TEL:TEL 06-6365-7650

なんで自己破産をもうしたてたのかをおつたえします。

じこけいはつの教材や講習会のこうにゅうをクレジットカードのリボばらいで決済していました。

毎月のしゅうにゅうがくよりもリボ払いの利息のこうがくになってしまいました。

ある時たいびょうをわずらい、治療費が必要なので、リボ払いの利息をしはらいきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやじもとの弁護士会に携帯で話をおこないました。

そうすると自己破産でリボ払いの利息をぜろにして、借金がぜろの状態にしたらどうかと提案されました。

そしてじぶんのきょじゅうちからきんきょりのほうりつ事務所につうわして、じかに事務所に行って、30分の無料相談をしたのです。

じむしょには二度あしをはこぶだけでした。

それから電話と郵便で事務所や弁護士とれんらくをとりあってじこはさんのてつづきを進めました。

じこはさんの申立てにはちゃくしゅきんと弁護士さんの代理援助を合わせてほぼ15万円使いました。

15万円を払う力がありませんでしたので、法テラスの扶助制度を使って、すこしのあいだだけ建て替えました。

15万円を私の支払いする能力に応じて、かかった費用を月に1度法テラスに口座振替で支払いました。

けっかてきには、ほうりつ事務所に相談にあしをはこんでから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可をうけたのです。

自己破産は、わたしのじんせいの汚点です。

デビットカードは利用できるけれど、クレカがりようできないけってんがあるのです。

ですが、破産した事を周りのひとにいわなければしられずに済むのです。

私がはさんしたじじつを知る人は、ごく限られているわけです。

リボ払いの利息がなくなったことで、へんさいの不安がありません。

さいきんはクレジットカードの期間があっという間におわるようにと待ちながらしごとにいるのです。

というわけで、じこはさんの申立てを考えているなら、めんさいにじかんが必要なので、はじめからほうりつ事務所に連絡して無料面談をしてもらって手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.