大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にあるルート法律事務所の情報

投稿日:

私は3ねんまえに自己破産した50歳のシングルのおとこです。

この記事では、じこはさんを検討している人に、わたしの経験から得た情報をしるしています。

こたえからいうと、じこはさんは弁護士さんにただでそうだんしてだいりで申し立ててもらうとえんかつに免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

ルート法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満3丁目14-16

TEL:TEL 06-6311-0065

どんな理由で自己破産を申し立てたのかをはなしします。

じこけいはつのテキストやじゅくの入手をクレカのリボ払いでけっさいしていました。

つきの収入額よりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

あるひ大病をわずらい、手術費がはらうことになるので、リボ払いのりそくを払いきれなくなりました。

困り果てたわたしは、消費生活センターやそのちいきの弁護士会に携帯で相談をしたのです。

そうすると自己破産でリボ払いの利息をぜろにして、借金が無い状態にしたらどうかとアドバイスされました。

そのごうちの住所から近くにあるべんごし事務所にでんわして、直でじむしょにでむいて、30分の無料そうだんをしました。

じむしょには2回でむくだけでした。

そうしてでんわと郵送で事務所や弁護士と連絡をとりあって自己破産の手続きを進めました。

自己破産の申立てには着手金と弁護士さんの代理援助をごうけいして約15万円費やしました。

15万円を払う能力がありませんでしたので、法テラスの扶助制度を使って、すこしのあいだだけ建て替えました。

15万円を私の返済する力に合わせて、かかった金額を1か月ごとに法テラスに口座引落で支払いました。

結果的には、弁護士事務所に相談に行ってから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可されました。

自己破産は、私のしょうがいの汚点です。

デビットカードは利用できるけれど、クレカが使えないデメリットがあるわけです。

そのいっぽうで、自己破産したじじつを他の人にいわなければ気づかれずに済むのです。

私が破産しちゃったことをしっているひとは、ごくげんていされています。

リボばらいの利息がなくなったことで、返済のなやみがない状態です。

現在はクレカの期限がはやく終わるようにとまちながらお仕事にいます。

ということから、自己破産のもうしたてを検討しているなら、めんさいに時間が要するので、すぐにほうりつじむしょに連絡して無料そうだんをうけて手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.