大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある岡崎法律事務所の情報

投稿日:

わたしはかなりまえに自己破産した53歳の未婚じょせいです。

当記事では、自己破産を考えているかたに、わたしの体験から得たお話を記しています。

こたえからいうと、じこはさんは弁護士に0円で面談してだいりでもうしたててもらうと問題なく免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

岡崎法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目6-8-717

TEL:TEL 06-6940-0292

どうして自己破産を申し立てたのかを話しします。

じこけいはつのてきすとや講習会の購入をクレジットカードのリボ払いでせいさんしていました。

1かげつの収入額よりもリボ払いの利息のたかくなってしまいました。

あるとき大病をわずらい、治療費用が必要になるので、リボばらいの利息を払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやじもとの弁護士会に携帯ではなしを行ないました。

そうしたら自己破産でリボ払いの利息をなしにして、借金がゼロの状態にしたらどうかと提案されました。

そしてじぶんのじゅうしょからきんきょりの弁護士じむしょに電話して、直で事務所に行って、30分の無料面談を行ないました。

事務所には二回でむくだけでした。

そしてつうわと郵送でじむしょや弁護士とコミュニケーションをとりあってじこはさんのてつづきをすすめました。

じこはさんの申立てにはちゃくしゅきんと弁護士さんのだいりえんじょをあわせると約15万円ひつようでした。

15万円をしはらうちからがなかったので、法テラスの扶助制度を利用することで、すこしのあいだだけ建て替えました。

15万円をわたしの支払する能力にあわせて、必要としたお金を月に1回法テラスに口座引落で支払いました。

ついには、法律事務所に話にいってから10ヶ月後に、自己破産のめんさいが許可をしてもらいました。

自己破産は、わたしのしょうがいの汚点です。

デビットカードは利用できるけれど、クレカがつかえない欠点があります。

だけども、はさんした事実を他人にいわなければしられずに済むのです。

私が自己破産したことをしっている人は、ごく限られています。

リボ払いの利息が無くなったことで、返済の心配がきえました。

近頃はカードの期限が早く終わるようにと待ちながらしごとにいるのです。

ということで、自己破産のもうしたてをけんとうしているなら、免責に時間がかかるので、最初から法律事務所にれんらくしてむりょうめんだんをうけててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.