大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

堺市 大阪府

大阪府堺市にあるよしだ法律事務所の情報

投稿日:

私はなんねんかまえに自己破産した53歳のシングルの男性です。

このホームページでは、じこはさんを検討しているかたに、わたしの体験から得たじょうほうを書いています。

結論からいうと、自己破産はべんごしさんにただで相談してかわりでもうしたててもらうともんだいなく免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

よしだ法律事務所

所在地

〒590-0946大阪府堺市堺区熊野町東4丁4-19-503

TEL:TEL 072-222-2870

どんな理由で自己破産を申し立てたのかをかたりします。

しかくのしょうざいや講習会のこうにゅうをクレジットカードのリボ払いで決済していました。

毎月のしゅうにゅうよりもリボばらいのりそくのこうがくになってしまいました。

ある日大病をわずらい、医療費がはらうことになるので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

こまりはてた私は、消費生活センターや地元の弁護士会に電話で相談をしたのです。

するとじこはさんでリボ払いの利息をなしにして、借金がない状態にしたらどうかと提案されました。

それからうちの住所からちかくにあるほうりつ事務所に電話して、直接じむしょに出かけて、30分のむりょう相談をしました。

事務所には2ど出向くだけでした。

そして通話と郵送でじむしょや弁護士と連絡をとりあってじこはさんの手続きを進めました。

自己破産の申立には着手金とべんごしの代理援助を合わせてやく15万円ひつようでした。

15万円をしはらう力がなかったので、法テラスの扶助制度をつかって、一時的に建て替えました。

15万円を私の支払いするちからに合わせて、必要としたひようを毎月1度法テラスに口座引落で支払いました。

遂には、弁護士事務所にそうだんに足を運んでから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可を受けたのです。

自己破産は、私の人生の汚点です。

デビットカードは使えるけれど、クレカが使えない欠点があるというわけです。

ですが、自己破産した事実を周りにいわなければきづかれずに済むのです。

わたしが破産したことを知る人は、ごくかぎられているわけです。

リボ払いの利息がゼロになったことで、返済の苦しみがなくなりました。

このごろはクレカの期限がはやく終わるようにと待ちながら仕事におります。

そういうわけで、じこはさんの申し立てをけんとうしているなら、免責にじかんがかかるので、はじめから弁護士じむしょにでんわして無料面談をうけて手続きを。

-堺市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.