大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪府 豊中市

大阪府豊中市にある中山哲法律事務所の情報

投稿日:

わたしは1年前ににじこはさんした49歳の既婚男性です。

このブログでは、自己破産を考えている人に、私のじれいから得たお話をつたえています。

結論からいうと、自己破産は弁護士に無料相談してかわりで申し立ててもらうともんだいなくめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

中山哲法律事務所

所在地

〒560-0082大阪府豊中市新千里東町2丁目5-20-1105

TEL:TEL 06-6832-7108

何でじこはさんを申し立てたのかを語りします。

びじねすの商材やセミナーの購入をカードのリボ払いで決済していました。

月のしゅうにゅうがくよりもリボ払いの利息のこうがくになってしまいました。

ある時大病をわずらい、医療費がひつようになるので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターや地元の弁護士会に電話で話をしました。

そうするとじこはさんでリボ払いの利息をナシにして、しゃっきんがない状態にしたらどうかと提案されました。

その後自分の居住地からあまり離れていない弁護士事務所に電話して、ちょくでじむしょにでかけて、30分のむりょう相談をしました。

事務所には2どあしをはこぶだけでした。

そしてつうわと郵送でじむしょやべんごしとれんらくをとりあって自己破産の手続きをすすめました。

じこはさんの申し立てにはちゃくしゅきんとべんごしの代理援助を合わせるとだいたい15万円つかいました。

15万円を支払う力が無かったので、法テラスの扶助制度をしようして、少しの間だけ建て替えました。

15万円を私のしはらいする能力にしたがって、必要とした金額を毎月法テラスに口座振替で支払いました。

けっかてきには、弁護士事務所にそうだんに足を運んでから10ヶ月後に、自己破産のめんさいがきょかをしてもらいました。

じこはさんは、わたしの人生の汚点です。

デビットカードはつかえるけれど、クレカが使えないデメリットがあるというわけです。

けれども、破産したじじつをほかの人にいわなければ気づかれずにすむのです。

私が自己破産した事実を知っている人は、ごく限定されているわけです。

リボ払いの利息がなくなったことで、返済の悩みが無くなりました。

げんざいはクレカのきげんがはやく終わるようにと待ちながらおしごとにいるわけです。

ですから、じこはさんの申し立てを検討しているなら、免責にじかんがようするので、急いで弁護士じむしょに連絡して無料相談をうけててつづきを。

-大阪府, 豊中市
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.