大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある村川綜合法律事務所の情報

投稿日:

私はかこにじこはさんした51歳の既婚男性です。

この記事では、じこはさんを考えている人に、私の実例からわかった内容をつづっています。

答えからいうと、自己破産は弁護士に0えんでそうだんしてかわりで申し立ててもらうとすいすいとめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

村川綜合法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満3丁目12-2-303

TEL:TEL 06-6948-6308

なぜ自己破産を申し立てたのかをはなしします。

資格のてきすとや講習会の購入をカードのリボばらいで決済していました。

毎月の給与よりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

ある時たいびょうをわずらい、ちりょうひが必要になるので、リボばらいのりそくを払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやじもとの弁護士会に携帯ではなしをしました。

そうするとじこはさんでリボばらいの利息をなしにして、借金がゼロのじょうたいにしたらどうかとアドバイスされました。

そうして自分のじゅうしょから近くにあるほうりつ事務所に電話して、直でじむしょに行き、30分のむりょうそうだんをおこないました。

事務所には2どでむくだけでした。

そしてつうわとゆうそうでじむしょやべんごしとコミュニケーションをとりあってじこはさんのてつづきを進めました。

自己破産の申立にはちゃくしゅきんと弁護士さんのだいりえんじょをあわせると大体15万円費やしました。

15万円をはらう能力が無かったので、法テラスの扶助制度を使って、一時的に建て替えました。

15万円をわたしのへんさいする能力におうじて、掛かったきんがくを1か月ごとに法テラスに口座引落で払いました。

ついには、法律事務所に相談にいってから10ヶ月後に、じこはさんの免責が許可をしてもらいました。

じこはさんは、私のじんせいのおてんです。

デビットカードは利用できるけれど、クレカが使用できない欠点があるのです。

けれども、破産したじじつをまわりの人にいわなければしられずに済むのです。

私が破産しちゃったことをしるかたは、ごく限定されているというわけです。

リボ払いのりそくがゼロになったことで、しゃっきんのしんぱいがなくなりました。

さいきんはクレカの期間が早くおわるようにと待ちながらお仕事にいるわけです。

ということから、自己破産の申し立てをかんがえているなら、めんさいにじかんがひつようとなるので、直ぐに法律事務所にでんわして無料相談をしてもらっててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.