大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

堺市 大阪府

大阪府堺市にある泉北法律事務所の情報

投稿日:

私は前にじこはさんした45歳の未婚おとこです。

このページでは、自己破産を検討しているかたに、私のじつれいからわかった情報を書いています。

結論からいうと、自己破産は弁護士にむりょうめんだんして代わりでもうしたててもらうと円滑にめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

泉北法律事務所

所在地

〒590-0117大阪府堺市南区高倉台2丁27-7

TEL:TEL 072-369-4333

どんなりゆうでじこはさんを申し立てたのかをかたりします。

しかくの教材や塾のにゅうしゅをカードのリボ払いでしはらいしていました。

毎月のしゅうにゅうがくよりもリボばらいのりそくの高くなってしまいました。

ある時大病をわずらい、治療費が必要なので、リボ払いのりそくをはらいきれなくなりました。

途方に暮れた私は、消費生活センターや地元の弁護士会にけいたいで相談をしてみました。

そうするとじこはさんでリボ払いの利息をぜろにして、しゃっきんがゼロのじょうたいにしたらどうかと提案されました。

そうしてじぶんのじゅうしょから近いべんごし事務所に通話して、じかにじむしょに出かけて、30分の無料面談をしました。

事務所には二回行くだけでした。

それから通話と郵送で事務所や弁護士と連絡をとりあってじこはさんの手続きをすすめました。

じこはさんの申立てには着手金とべんごしさんのだいりえんじょを合わせると大体15万円使いました。

15万円を支払うちからが無かったので、法テラスの扶助制度をりようして、その時だけ建て替えました。

15万円を私のしはらいする能力に合うようにして、ひつようとした金額を月に1度法テラスに口座振替ではらいました。

けっかてきには、法律事務所に相談に行ってから10ヶ月後に、じこはさんのめんさいが許可されました。

じこはさんは、わたしの人生のおてんです。

デビットカードはりようできるけれど、カードが使えない欠点があるというわけです。

そのいっぽうで、はさんした事実をたにんに言わなければしられずに済みます。

私が破産した事をしっている人は、ごく限定されています。

リボ払いの利息がゼロになったことで、借金の不安が無くなりました。

いまははカードのきげんがあっという間に終わるようにと待ちながらしごとにいるのです。

ということから、じこはさんの申し立てを考えているなら、めんさいに時間が必要となるので、ためらわずに弁護士事務所に電話して無料そうだんをしてもらって手続を。

-堺市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.