大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある長谷川アネスト法律事務所の情報

投稿日:

私は何年か前に自己破産した36歳のみこんおとこです。

このページでは、じこはさんをかんがえているひとに、わたしの体験から得た情報を綴っています。

こたえからいうと、自己破産は弁護士にむりょうめんだんして代理でもうしたててもらうとスムーズにめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

長谷川アネスト法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満3丁目14-16

TEL:TEL 06-6314-0051

どんなりゆうで自己破産を申し立てたのかをおはなしします。

スキルアップのきょうざいやこうしゅうかいのこうにゅうをクレジットカードのリボ払いでけっさいしていました。

毎月のしゅうにゅうがくよりもリボばらいのりそくの高額になってしまいました。

ある時大病をわずらい、医療費がかかるので、リボばらいのりそくを払いきれなくなりました。

とほうにくれたわたしは、消費生活センターや地元の弁護士会に携帯でそうだんをしました。

そうするとじこはさんでリボ払いのりそくをゼロにして、しゃっきんが無い状態にしたらどうかとアドバイスされました。

そうして自分の住所からあまりはなれていないほうりつ事務所に電話して、じかに事務所に出向いて、30分の無料そうだんをしたわけです。

事務所には2どあしをはこぶだけでした。

そしてでんわとゆうそうで事務所やべんごしさんとれんらくをとりあって自己破産のてつづきをすすめました。

自己破産の申立には着手金とべんごしのだいりえんじょをごうけいしておよそ15万円ついやしました。

15万円をしはらうのうりょくがなかったので、法テラスの扶助制度を使って、その時だけ建て替えました。

15万円を私のしはらいするちからに合わせて、かかったお金をつきごとに法テラスに口座振替ではらいました。

けっきょくは、法律事務所にそうだんに足を運んでから十か月後に、じこはさんの免責がきょかされました。

自己破産は、わたしのしょうがいの汚点です。

デビットカードはつかえるけれど、クレカがりようできないけってんがあります。

だけども、はさんしたことを誰にもいわなければしられずに済みます。

私が自己破産してしまった事をしる人は、ごく限られているというわけです。

リボ払いのりそくがなくなったことで、しゃっきんの不安が無くなりました。

さいきんはカードの期間がはやく終わるようにと待ちながらおしごとにいるのです。

ということで、自己破産の申立てを検討しているなら、免責にじかんがかかるので、最初から弁護士事務所に連絡して無料めんだんを受けて手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.