大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

堺市 大阪府

大阪府堺市にある泉田法律事務所の情報

投稿日:

わたしは4ねんまえに自己破産した39歳のきこん女性です。

当ページでは、自己破産をかんがえている人に、わたしの体験からわかった内容をお伝えしています。

こたえからいうと、じこはさんは弁護士に無料相談してだいりで申し立ててもらうとスムーズに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

泉田法律事務所

所在地

〒590-0079大阪府堺市堺区新町4-7

TEL:TEL 072-222-1525

どうして自己破産を申し立てたのかをおつたえします。

ビジネスの教材やスクールの購入をクレジットカードのリボばらいで決済していました。

1か月の収入額よりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

ある日大病をわずらい、治療費用が必要になるので、リボばらいのりそくをしはらいきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターや地元の弁護士会にでんわではなしをおこないました。

そうしたら自己破産でリボ払いの利息をゼロにして、借金がぜろの状態にしたらどうかと提案されました。

それから自分の所在地から近い弁護士事務所につうわして、じかに事務所にいって、30分の無料相談をしたんです。

事務所には二度でむくだけでした。

そうして電話と郵送で事務所やべんごしと連絡をとりあってじこはさんの手続きを進めました。

じこはさんのもうしたてには着手金と弁護士さんの代理援助をごうけいしておよそ15万円使いました。

15万円を支払う力がありませんでしたので、法テラスの扶助制度を使って、そのときだけたてかえました。

15万円をわたしの支払する能力にしたがって、かかったひようを1か月毎に法テラスにこうざひきおとしで払いました。

けっかてきには、ほうりつ事務所に面談にあしをはこんでから10ヶ月後に、自己破産のめんさいがきょかされました。

じこはさんは、私のしょうがいの汚点です。

デビットカードは使えるけれど、クレカがしようできないデメリットがあるわけです。

だけども、自己破産したじじつを他人にいわなければきづかれずに済みます。

わたしが自己破産したじじつを知っているかたは、ごくかぎられているのです。

リボばらいのりそくがゼロになったことで、しゃっきんのふあんがない状態です。

このごろはクレジットカードのきげんが早く終わるようにと待ちながらおしごとにいます。

ということで、自己破産のもうしたてをかんがえているなら、免責に時間が必要となるので、ためらわずに弁護士じむしょに電話して無料の相談を受けててつづきを。

-堺市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.