大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある本間国際綜合法律事務所の情報

投稿日:

わたしは何年か前に自己破産した37歳の独身男です。

このサイトでは、自己破産をけんとうしているひとに、私の体験から得た情報を伝えています。

答えからいうと、じこはさんは弁護士にタダで面談して代わりで申し立ててもらうとスムーズに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

本間国際綜合法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満1丁目2-5

TEL:TEL 06-6362-1271

何故じこはさんを申し立てたのかをおつたえします。

ビジネスのきょうざいや講習会の入手をクレジットカードのリボ払いで決済していました。

毎月の収入よりもリボ払いのりそくの高額になってしまいました。

あるとき大病をわずらい、医療費が必要になるので、リボ払いのりそくを支払いきれなくなりました。

こまりはてた私は、消費生活センターやそのエリアの弁護士会に電話で話をしてみました。

するとじこはさんでリボ払いのりそくを無しにして、借金がない状態にしたらどうかとアドバイスされました。

そうしてわたしの居住地からあまり離れていないべんごし事務所に電話して、直に事務所にでむいて、30分のむりょう面談をしました。

事務所には二回あしをはこぶだけでした。

それから電話と郵便で事務所や弁護士と連絡をとりあって自己破産のてつづきをすすめました。

自己破産の申立にはちゃくしゅきんと弁護士の代理援助を合計してやく15万円ついやしました。

15万円を支払う能力がなかったので、法テラスの扶助制度を活用して、一時的にたてかえました。

15万円を私のへんさいする力に合うようにして、かかった費用を毎月1回法テラスに口座振替でしはらいました。

最終的には、べんごし事務所にめんだんに足を運んでから十か月後に、自己破産の免責がきょかされました。

自己破産は、私の一生の汚点です。

デビットカードは利用できるけれど、クレカが使えないけってんがあるのです。

ですが、自己破産した事実をほかの人に言わなければきづかれずに済みます。

私が自己破産しちゃったことを知るひとは、ごくげんていされているわけです。

リボ払いの利息がゼロになったことで、借金のしんぱいが無くなりました。

現在はクレカのきげんがあっというまに終わるようにと待ちながら仕事にいるわけです。

ということから、自己破産のもうしたてを考えているなら、免責にじかんがひつようとなるので、直ぐに弁護士じむしょにでんわしてむりょうの相談をしてもらって手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.