大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある小寺一矢法律事務所の情報

投稿日:

私は2年前にに自己破産した50歳の独身女性です。

このページでは、じこはさんを考えているひとに、私の事例からえた情報をしるしています。

答えからいうと、自己破産はべんごしに無料相談して代理でもうしたててもらうとえんかつにめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

小寺一矢法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4丁目11-22

TEL:TEL 06-6365-1480

なんで自己破産をもうしたてたのかをお話します。

びじねすの教材やじゅくの購入をクレジットカードのリボ払いでせいさんしていました。

まいつきのきゅうりょうよりもリボばらいの利息の高額になってしまいました。

あるひたいびょうをわずらい、医療費がひつようなので、リボ払いの利息を支払いきれなくなりました。

こまりはてたわたしは、消費生活センターや地元の弁護士会に電話でおはなしをしてみました。

そうすると自己破産でリボばらいのりそくをゼロにして、借金がゼロの状態にしたらどうかとアドバイスされました。

それから私のきょじゅうちから近くにある弁護士事務所にでんわして、直に事務所に行って、30分の無料相談をしたわけです。

事務所には2ど出向くだけでした。

それから通話と郵送で事務所やべんごしと連絡をとりあって自己破産の手続きをすすめました。

じこはさんの申立には着手金と弁護士のだいりえんじょをあわせてだいたい15万円つかいました。

15万円を支払う能力がなかったので、法テラスの扶助制度を利用することで、一時的に建て替えました。

15万円をわたしのしはらいする能力に応じて、必要としたおかねをまいつき法テラスに口座振替で支払いました。

けっかてきには、べんごし事務所に相談にあしをはこんでから10ヶ月後に、自己破産の免責がきょかをうけました。

自己破産は、私の生涯の汚点です。

デビットカードは使用できるけれど、クレジットカードが使用できないデメリットがあります。

ですが、破産したことを周囲にいわなければしられずに済みます。

私が自己破産した事実を知っている人は、ごくかぎられています。

リボばらいのりそくがなくなったことで、借金のふあんがありません。

近頃はクレカの期間が早くおわるようにと待ちながらおしごとにいます。

そういうわけで、自己破産の申し立てを検討しているなら、免責に時間が必要なので、最初から弁護士事務所に電話して無料めんだんを受けて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.