大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

吹田市 大阪府

大阪府吹田市にあるトータリティー法律事務所の情報

投稿日:

わたしは10かげつまえにじこはさんした45歳のみこん女です。

当ページでは、じこはさんを考えているかたに、私のたいけんから得た内容をつたえています。

結論からいうと、自己破産はべんごしさんに0円で相談してかわりで申し立ててもらうとスムーズに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

トータリティー法律事務所

所在地

〒564-0051大阪府吹田市豊津町1-18-401

TEL:TEL 06-6310-8662

なぜじこはさんを申し立てたのかをお話します。

自己啓発の教材やこうしゅうかいのこうにゅうをクレジットカードのリボ払いで支払いしていました。

1かげつの給与よりもリボ払いのりそくのこうがくになってしまいました。

ある時たいびょうをわずらい、医療費がかかるので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやそのエリアの弁護士会にけいたいではなしをしたわけです。

そうすると自己破産でリボ払いのりそくをなしにして、しゃっきんがないじょうたいにしたらどうかとアドバイスされました。

そのごじぶんの所在地からちかくにあるべんごし事務所に電話して、ちょくせつ事務所に出向いて、30分の無料面談をしたわけです。

事務所には2回でむくだけでした。

それから電話と郵送で事務所やべんごしさんとれんらくをとりあって自己破産の手続を進めました。

自己破産のもうしたてにはちゃくしゅきんと弁護士の代理援助をあわせると大体15万円かかりました。

15万円をしはらう能力がありませんでしたので、法テラスの扶助制度をうまく使って、すこしのあいだだけ建て替えました。

15万円をわたしのしはらいする能力にしたがって、必要としたお金を月毎に法テラスに口座引落でしはらいました。

けっきょくは、弁護士事務所にはなしに足を運んでから10ヶ月後に、自己破産のめんさいが許可をうけました。

じこはさんは、私のしょうがいのおてんです。

デビットカードはしようできるけれど、クレジットカードがしようできないけってんがあります。

しかし、じこはさんした事実を周りのひとにいわなければきづかれずに済みます。

わたしが自己破産しちゃったことを知るかたは、ごく限定されているというわけです。

リボばらいの利息がなくなったことで、借金のしんぱいがありません。

さいきんはクレジットカードのきげんが早く終わるようにと待ちながらしごとにいます。

ということで、自己破産の申し立てをけんとうしているなら、免責に時間が要するので、さいしょから弁護士事務所に連絡して無料そうだんをうけて手続きを。

-吹田市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.